2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 学んでほしいことは | トップページ | この紋処が目に入らぬか »

思うんだけどさ…

 毎年8月終わりになると、チャリティーと感動を売りにしたやたら長ったらしいテレビ番組があるけれど、あの番組って、まだやっているのだと憂鬱な気分になる。あの番組こそ、日本のマスメディアの問題点が凝縮されたものだと思っている。

 1 バカみたいなお祭り騒ぎ
  程度の低いタレントのお祭り騒ぎ、見て楽しいですか?あれは見る人ではなく、出演する人のためにやっているのですか?最近は比較的まともなテレビ局であったNHK総合まで民放の悪いところを見習ってきました。いまや見る価値があるのはNHK教育だけか。もちろん、お祭り騒ぎが一切いけないという訳ではないけれど、それに終始するテレビ局の感性と知性の乏しさには呆れてものが言えない。

 2 感動の押し売り
  この番組では、障害を持つ人や難病を持つ人が一生懸命何かに打ち込む姿を取り上げています。それ自体はいいことだと思いますが、取り上げ方があまりにも偏っている。テレビ映りのいい人、場面を精選しすぎだと思う。例えば、同じ障害を持つ人でも、精神障害を持つ人のことを取り上げたことは見たことがないし、せっかく障害者のことを取り上げるのなら、もっと違ったやり方があると思うよ。

 3 本当のチャリティーとは?
  この番組を通じて集まった金額は、3億円弱だそうです。少ない金額ではなく、それはそれなりに意義があることだと思いますが、もっとかんたんにそれ以上の金額を集める方法があります。この番組をやったつもりで、スポンサー企業と、日本テレビ、出演タレントがお金を提供すればそれでいいのでは内科と思う。3億円を集めるのに、一体どれだけの番組制作費がかかるのやら。

 他に、ある小児科医の方がブログの中で指摘していたことですが、今年、この番組の中で無介助分娩を取り上げたそうです。これに対しこの方は「出産は感動を呼ぶかもしれませんが、言うまでも無く人の生命がかかった行為であり、無闇に危ない橋を渡らす必然性はゼロと言う事です。報道と言う業務に就くものが、危ない橋を渡っている無介助分娩の成功を報道して周知させる必然性はゼロだと言う事です。無介助分娩でも無事出産する可能性の方が高いですが、子どもを死亡させる可能性は確実に高くなると言う事です。」と指摘していました。もっともなことだと思います。感動を否定する気はありませんが、むやみに母体と新生児を危険にさらすような番組作りは批判されてしかるべきです。

というわけで提案

1 タレントの露出を大幅に減らす

 AKB48が出演しなければチャリティができないなんてバカな話はないと思いますし、26時間以上マラソンをする必要性も全くありません。もし、家族の絆や福祉について訴えたいのなら、もっと淡々と、丁寧な番組作りをするべきだと思います。

2 出演するタレントはボランティアで

 かつてこの番組の司会をした西田ひかるが、チャリティ番組であるにも関わらずギャラがでたことに驚いたそうです。出演するタレントを大幅に減らし、出演者をボランティアにすることで、大幅に番組制作費を下げれば、それで浮いた分を寄付に回せると思うのですが、いかがでしょうか?

3 視聴率調査の対象外とする

 これはテレビ局の人が最も嫌がることかもしれませんが、この番組に限り、視聴率調査の対象外としてほしいです。そうすることでテレビ局の商業主義から距離を置くことができ、スポンサー企業ももっと純粋な気持ちでスポンサーができるのではと思います。

« 学んでほしいことは | トップページ | この紋処が目に入らぬか »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学んでほしいことは | トップページ | この紋処が目に入らぬか »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ