« 東海道2010 その13 | トップページ | 東海道2010 その14(終) »

おひとりさまの老い支度の準備

 私は今、38歳、独身。日本の男性の平均寿命(正しくは0歳児の平均余命)は79.0歳、38歳男性の平均余命は42.15年。どちらを基準にした場合でも間もなく人生の折り返し点に立つことになる。これまでの38年間、長いようであっという間に過ぎてしまった。私があと何年生きるのかはわからないが、そろそろ人生の終わり方を考えなければならない時期なのだろうと思う。これからの人生で何をした方がいいのか、何を捨てなければならないのか、ゆっくり考えてみたいと思う。こんなことを書くとじじむさいと思われそうだが、40歳手前の時期は、死亡率が急上昇を始める年齢である。死を身近に感じ始める年齢なのだと思う。おひとりさまには、家族がある方とは違った老い支度、言い換えれば死に支度があるのだと思う。それをこれkらゆっくり考えていきたいと思う。

« 東海道2010 その13 | トップページ | 東海道2010 その14(終) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東海道2010 その13 | トップページ | 東海道2010 その14(終) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ