« 「魏志倭人伝」の国々へ 3 | トップページ | 寒空の下 »

次の旅は

 今年の夏、どこに行こうか迷っています

 第1案、広島県

 郡山から広島まで新幹線。広島で原爆ドーム、広島城、原民喜の小説「夏の花」の舞台をめぐる。その他、宮島、呉、江田島の海軍兵学校、尾道などを見る。広島名物広島電鉄の路面電車に乗るのも楽しみ。このコースの魅力は、とにかく見どころが豊富なこと。原爆ドームはどうしても見ておきたいものであるので、これが本命かな。

 第2案、滋賀県・福井県

 こちらも新幹線利用か。今年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の舞台を訪れるというもの。小谷城、長浜、近江八幡、等滋賀県を回った後、福井県に回り、小浜と福井を回り、北陸経由で買えるというもの。魔改造大好き近江鉄道に乗るのもまたよし。ただ、今年は大河ドラマ効果で混みそうだから、来年の本命か。

 第3案、青森県・北海道

 北海道南部は、函館市を除いて空白地帯になっています。松前、江差、八雲、長万部と地味ながら和人とによる開発の歴史が見ることができる町がそろっています。途中の青森県の複数の友人から「遊びに来いよ」とのメッセージも頂いているし、これと組み合わせて行ってみたいと思っています。

 

« 「魏志倭人伝」の国々へ 3 | トップページ | 寒空の下 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私は10年以上前に広島へ一人旅をしたことがあります。
瀬戸内の穏やかな海が見たくなったのです。広島の原爆ドームも見ました。ホントにひどい惨状であらためて戦争というものを考えさせられました。尾道を歩き、しまなみ海道を渡り島々により愛媛に渡りました。坊ちゃんの湯で体を癒して。夕陽が沈むときの瀬戸内はさざなみがキラキラしていて稲穂が揺れるような感じでした。

広島、四国、いいですよ~

まっきーさん

 瀬戸内海の穏やかな海は、太平洋を見慣れている私たちには新鮮ですよね。原爆ドームは、ぜひ見ておきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「魏志倭人伝」の国々へ 3 | トップページ | 寒空の下 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ