2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 大相撲ファンとして | トップページ | 最後はさっぱりと »

さて、春場所が中止になったわけですが

 ついに大相撲春場所(3月、大阪市)が中止になることが決定しました。今回の八百長事件は、これまでも再三問題を起こしてきた日本相撲協会にとって、絶体絶命のピンチになってしまったようです。このピンチを招いたのは、相撲協会の体質そのものではないかと思います。昨年の野球賭博事件を受けて、ようやく外部の方を理事として招きましたが、それまでは身内だけの閉鎖的な運営に終始してきたツケが一気に噴出してきた形になりました。以前あった時津風部屋の序の口力士への「かわいがり」という名の下の殺人事件に対しても、名門である「時津風」という名跡を守ることにこだわり、本質的な解決をはからなかった相撲協会、世間とのあまりの感覚のズレは、現在の体制のままでは直しようがないのだろうか。

 とにかく、必要なことは関係者の処分よりも、相撲協会の運営体制の抜本的な見直し。外部の人材を登用し、一般のファンの声に耳を傾け、親方、力士その他関係者が一丸となって信頼回復に努めること。これに尽きると思います。そうしなければ、こんどこそ、相撲が過去のものとして消滅してしまうかもしれません。それは、相撲を愛する者としてあまりにも悲しいことです。

« 大相撲ファンとして | トップページ | 最後はさっぱりと »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲ファンとして | トップページ | 最後はさっぱりと »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ