2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ガーナからのお客さん | トップページ | 東北は赤みそ圏 »

喜多方ラーメンフェスティバル

 今日、喜多方市でらーめんfエスティバルが行われた。私は卒業した生徒と喜多方駅で待ち合わせて行ってきた。久しぶりに会った卒業生は、ずいぶん大人っぽくなった感じである。お互いの最近の近況を話す。私が担任していた時代には見られなかった点がいろいろ見える。いろいろあるが、将来に希望を持って生きている姿は頼もしささえ覚えた。
 喜多方駅近くの公園は、ラーメンフェスティバルのテントのほか、たくさんの屋台が並んで水分にぎやかだった。食券を買ってさっそくラーメンを。ここでは、喜多方ラーメンのほか、札幌(みそ)、仙台(みそ)、横浜(塩)、富山(醤油)、福岡(豚骨)が味わえるとあって、すごい行列だった。まずは喜多方から。うん、採算度外視で良い材料を使ったと謳っているだけあって、なかなかのスープである。私も、卒業生も「うまい」を連発しながら頂く。腹ごなしに、体育館で行われている物産展やよさこいソーランを見る。第2ラウンドは、福岡の豚骨ラーメンと横浜の塩ラーメンに分かれる。私は横浜の塩ラーメン。あっさりとしたスープに細麺が良くあった。楽しい時間を終え、喜多方駅で再会を約束して別れた。次に会う時にはどんな姿を見せてくれるか楽しみである。そして、私も彼らに恥じないよう頑張ろうと思った。

« ガーナからのお客さん | トップページ | 東北は赤みそ圏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガーナからのお客さん | トップページ | 東北は赤みそ圏 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ