2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 台湾から日本への応援歌 | トップページ | 東日本大震災~福島県いわき市の津波被害 »

こんな時でも花が咲く

 昨日、仕事を休んで、実家の片付けに行った。実家は私の住む町から阿武隈山地を越えておよそ80km、太平洋に面した町である。3月11日の東日本大震災の本震で大きな被害を受け、4月11日の余震で危険な状態になった、両親が住む家の片づけをするためであった。あまり愉快な用事ではないし、正直気が重かった。地震のせいであちこちぼこぼこになった道路を走り、故郷の町が見えてきた。おや、いつの間にか桜の花が咲いている。私自身、この大震災が起きてから桜のことを気に掛ける余裕もなかったから、いつの間にかそんな季節になったことに驚いた。

 駅前の建物は、土台にひびが入っていたり、傾いたりしていて散々な状況であった。店の中には震災以来一度も開いていないと思われる店もあった。私が住む郡山市の被害も小さくないが、ここの状況はさらに良くなかった。両親の家のある団地はかつて田んぼだったところを埋め立てたところで、地盤が悪いことは承知していたが、道路に大きな亀裂ができていた。液状化が起きたのかもしれない。そして、更に愕然としたのが、両親の家の敷地内に、母屋とは別に物置があるのだが、その屋根の庇が完全に落ち、軽トラックが下敷きになっていたことである。まさかこんなことになっているとは、私は夢を見ているような気がした。冗談にしては悪質過ぎると思った。物置の庇の下には、今年で16歳になる老犬がいたが彼はうまく隙間に入っていて無事だったそうだ。ただし、私が以前の勤務校で拾って、いまはすっかりこの家の居候になっている猫は昨日の余震以来行方不明になっている。

 家に入ってみると、妙な感覚に気がついた。完全に家が斜めになっているのである。北側が沈み込んでいるのである。そのせいか、家全体の壊れ方も北西側がひどいように思われた。幸い、父も母もけがはなく、疲れてはいるものの、気力を失っているわけでもないのでほっとした。まずは作業内容を打ち合わせした。今日中にやることは2つ、この家の中の散乱しているものを片づけること、2つめは今後の仮住まいとなるアパートの清掃をすることだった。私は主にアパートの清掃をした。つい最近まで別の方が住んでいって、出て行ったばかりのようで、水周りを中心に汚れがひどく、清掃するのに骨が折れた。こちらをなんとか片づけて、住める程度の状態にして、両親の家に戻ろうとした途端、再び大きな余震が来た。後で知ったが、震度6弱ということだった。とりあえず柱にしがみついて地震をやり過ごした。両親の家は、せっかく片づけた荷物が再び崩れ、壁の一部が崩落していた。結局、今後も余震がありそうで、これ以上の作業は断念した。夕方、自宅に戻ったが、大した進展もなく戻ることと、猫の安否が不明なまま帰るのは心苦しかったが、この時期にこれ以上休むことはできなかった。

 家に帰って間もなく、良い知らせがあった。押入れの奥から猫が出てきたそうだ。揺れにおびえていたのだろう。嫌なニュースが続く中、やっと訪れた良いニュースは本当にうれしかった。

« 台湾から日本への応援歌 | トップページ | 東日本大震災~福島県いわき市の津波被害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やえもんさんのブログの背景が春っぽくなりましたね。
今回の地震、本当にたいへんな爪痕ですね。確かに地盤の強弱で被害に大きな差が出ているような気がします。自分の生まれ育った家が傷ついていくのをみるのは本当に辛いですよね。
やえもんさんのお手伝いは大きな戦力になったことでしょうね。
おつかれさまでした。
そして…わんちゃんとにゃんこちゃんの無事、嬉しいニュースだね☆

まっきーさん。こめんとありがとうございます。
今は余震も落ち着きつつあります。
本当に大変なのはこれからだと思います。
いちばん大切なのは人と人との連帯だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾から日本への応援歌 | トップページ | 東日本大震災~福島県いわき市の津波被害 »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ