« 南相馬市・相馬市への交通機関の案内 | トップページ | 再開します »

故郷に帰る日まで

 最近、各地でB級グルメを生かした町おこしが盛んである。秋田県の横手焼きそば、栃木県の宇都宮餃子、東京都のもんじゃ焼き、静岡県の富士宮焼きそばのほか、各地のご当地ラーメンもそれに当てはまるだろう。福島県の浜通り、太平洋に面した浪江町のなみえ焼きそばも最近知名度を上げたB級グルメのひとつである。特徴はもちもちとした食感が楽しめる太麺、それにやや甘口のソースと豚肉ともやしだけのシンプルな具である。しかし、3月11日の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故により、浪江町は全域が避難地域になり、この焼きそばも失われた味になってしまうかと思われた。しかし、そうではなかった。どっこい生きていたのだ。

 今日の午後、私は駅前に買い物に行った。デパートの催事場で何かやっていないかと覗きに来た。すると福島県物産展をやっていることがわかった。福島県に住んでいる者が福島県で福島県物産展に行くのはなんだかおかしな気もしたが、福島県の経済はいまやがけっぷちの状態、美味しそうなものがあったら買って帰れば、少しは福島の経済を回すことができる。何かないかなと見ていると、なみえ焼きそばというのぼりを見つけた。なんだか懐かしい名前を見て嬉しくなった。しかし、私はついさっき、ざるそばの昼食を食べたばかりで、胃に焼きそばが入りそうなスペースは残っていなかった。残念だが、なみえ焼きそばが無事であることを確認できてよかった。今後もイベントに出展することが予想されるので、情報収集に努め、次回は焼きそばを食べてみたいと思う。関係者の皆様も、たいへんだと思いますが、浪江が安全になる日まで、この味をぜひ守ってください。

« 南相馬市・相馬市への交通機関の案内 | トップページ | 再開します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宮城にも石巻焼きそばというせいろで蒸され麺の色が茶色いものがあります。けっこうだしのあっさり味で私は好きなんです。
石巻は地震でたいへんな被害を受けました。焼き蕎麦屋さんも被害にあいましたが1軒か2軒だけなんとか操業できるようになったそうです。
みんなに愛されている味ですから、これからの復興とともに浪江も石巻も復活してほしいですね。私も焼きそばの復活をのぞむひとりです。


石巻焼きそば、私はまだ未体験です。浪江も石巻も今回の地震で大きな被害を受けましたね。どちらも復活を願っています。石巻が元気になった頃、食べに行ってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南相馬市・相馬市への交通機関の案内 | トップページ | 再開します »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ