2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の11件の記事

足が丸太になった

 今日は滋賀県の長浜をはじめとする湖北地方に行きました。今年のNHKテレビの大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江をはじめとする浅井三姉妹の故郷を訪ねました。長浜市をはじめ、この地域の気合がひしひしと伝わってきました。戦国時代の代表的な山城である小谷城は、浅井亮政から長政までの3代、50年にわたって近江国北部を支配した戦国大名浅井氏の居城である。この城で江は生まれた。ガイドの方の説明を聞きながら1時間以上かけて歩いた。さすがに足が棒、もとい丸太になったが、小谷城からの琵琶湖は宝石のように美しかった。

あせった・・・

 こんばんは、やえもんです。今夜は大阪からお送りします。

 今朝は軽く絶望を感じました。今日の午前8時過ぎ、私は福島県の郡山市から福島空港に向けてクルマを走らせていました。郡山市から須賀川市に入ったとたん、濃い霧があたりを覆いつくしました。「おいおい、まずいよこれ」、私はそうつぶやいた。私はこの後福島空港から伊丹空港行きの飛行機に乗ることになっている。濃霧は欠航への黄色信号が点灯したと考えてもいい事態である。幸いにも須賀川の市街地を抜け、空港に向かうと霧は徐々に晴れた。そして、少々揺れたものの飛行機は無事に飛び、私はこうして大阪のホテルでブログの更新をしている。

 そういえば、私の父は中学校と高等学校で英語教育を受けたはずなのにさっぱり身についておらず、旅行は英語で「トラブル」というのだと思っている。トラベルでトラブルか、それは実は真実だったり、そんな気がした。トラブルも旅を盛り上げる一要素、なのかもしれない。

旅に出ます

 今日が学校行事で出勤、来週の月曜日がその代休、火曜日が創立記念日なので、更にもう1日水曜日まで思い切って休みを取りました。この休みを利用して旅に出ます。目的地は大阪、滋賀、大阪はとても面白い町で、行くたびに色々な発見ができる町です。滋賀県では、湖北の長浜、小谷城など戦国時代の史跡を見てきたいと思います。

 それにしても、旅に出る前日って、どうしてこんなにそわそわするのでしょう。もちろん、忙しいというのはある。出かけるのだから、見苦しくない程度に家の中を片付ける、洗濯をする、アイロンがけをする、浴室の電球が切れたので、新たに電球型蛍光灯を買ってきて付け替える、荷物の準備をする。そんなことをやっているうちに午後10時になってしまいました。ようやく落ち着き、コーヒーを飲みながらカーペンターズの曲をかけ、PCに向かってブログの更新をする時間ができました。旅の前日の落ち着かない心をカレンの歌声がすこしだけ落ちつけてくれます。

 それでは、行ってきます。それでは明日の夜大阪でお会いしましょう。おやすみなさい。

とにかく早急な実態の把握を

 福島中央テレビの報道によると、福島県郡山市のJR郡山駅前の植え込みから80マイクロシーベルトの非常に高い放射線量が観測された。JR郡山駅は1日当たり3万3000人が利用し、駅前のバスプール、タクシープールの利用者、買い物などで訪れる人を合わせるとさらに多い人が訪れる場所である。そのような場所にこれだけの高い放射線量の場所が残されていたとは驚いた。このぶんでは、どこに高濃度汚染地域がのこされているかわからない。お金と手間はかかるが、可能な限りきめ細かく線量の調査をしてほしいと思う。そして、その結果を誰にでもわかる形で公表して、そのような場所は速やかに除染する。そんな地道な取り組みが人々の安心につながるのだ。

東北地方の鉄道運行状況のまとめ(10月)

1 JR東日本の運転状況

 JR東日本の運転状況は以下のリンクを参考にしてください
   http://www.jreast.co.jp/pdf/saikaijoukyou.pdf

○常磐線(上野~水戸~いわき~仙台)

 上野~いわき間の特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」、普通列車も全便時刻表通りの運転をしています。上野~原ノ町・仙台間運転の特急「スーパーひたち」は、上野~いわき間のみの運転になります。
 いわき~広野間は特別ダイヤで普通列車のみの運転です。時刻表へのリンクです。

 http://www.jrmito.com/press/111021/20111021_press05.pdf(「常磐線の運転計画について」JR東日本水戸支社)

 http://www.jrmito.com/press/111005/20111005_press02.pdf(いわき~広野間時刻表)

 原ノ町~相馬~亘理間は代行バスを運転しています
 http://www.jrmito.com/press/110823/20110823_press.pdf(原ノ町~相馬~亘理間代行バス時刻表)

 亘理~岩沼~仙台間は特別ダイヤで普通列車のみ運転です

 久ノ浜~原ノ町間は大部分の区間が東京電力福島第一原子力発電所事故の警戒区域に入っているため、復旧工事はおろか被災状況の調査にさえ着手できない状況です。そのため、代行バスの運転はありません。

○仙石線(あおば通~仙台~石巻)

 あおば通~仙台~松島海岸~高城町間は通常の時刻で運転しています。

 松島海岸~高城町~矢本間は代行バスを運転しています。なお、列車と代行バスの乗り換えは松島海岸駅が便利です。
 http://www.jr-sendai.com/eq/bus-ih4-time.pdf(松島海岸~矢本代行バス時刻表)

 矢本~石巻間は特別ダイヤで普通列車のみ運転をしています。
 http://www.jr-sendai.com/eq/bus-ih4-time.pdf

○石巻線(小牛田~前谷地~石巻~女川)

 小牛田~石巻間は特別ダイヤで列車の運転をしています。
 http://www.jr-sendai.com/eq/20111014-is-time.pdf

 石巻~女川間は代行バスを運転しています
 http://www.jr-sendai.com/eq/bus-io2-time.pdf

○気仙沼線(前谷地~気仙沼)

 前谷地~柳津間は特別ダイヤで列車の運転をしています
 http://www.jr-sendai.com/eq/20111014-ks-bus.pdf 

 柳津~気仙沼間はミヤコーバスで振替輸送を行っています
 http://www.jr-sendai.com/eq/20111014-is-time.pdf
  
○大船渡線(気仙沼~盛)

 一ノ関~気仙沼間は通常の時刻で運転しています
 気仙沼~盛間は岩手県交通バスで振替輸送をおこなっています
 http://www.jr-morioka.com/pdf/news/pdf_1317193729_1.pdf

○山田線(盛岡~宮古~釜石)

 盛岡~宮古間は臨時ダイヤで運転しています
 http://www.jr-morioka.com/news/detail/436.html(主要駅のみ掲載)

 宮古~釜石間は岩手県北バス、岩手県交通バスで振替輸送をおこなっています
 http://www.jr-morioka.com/pdf/news/pdf_1311125707_1.pdf

○八戸線(八戸~種市~久慈)
 八戸~種市間は臨時ダイヤで運転しています
 種市~久慈間は代行バスを運転しています
 http://www.jr-morioka.com/pdf/news/pdf_1311313275_1.pdf(列車、バス乗り継ぎ時刻表)

2 三陸鉄道

○南リアス線(盛~釜石)
 全線で運転見合わせ。岩手県交通の臨時バスを運転
 http://www.iwatekenkotsu.co.jp/rosen-jikoku/morioka/110314pdf/engann/kamaishi-oofunato(20110905).pdf

○北リアス線(宮古~久慈)
 宮古~小本、陸中野田~久慈間を特別ダイヤで運転しています。小本~陸中野田間は岩手県北バスに乗り継ぎ(別途バス運賃がかかります)
 http://www.sanrikutetsudou.com/wp-banner/2011_/bus_jikoku.pdf

嬉しい知らせ

 山口県で行われている第11回全国障害者スポーツ大会に出場している教え子から嬉しい知らせが入った。予想以上の好成績を収めたということだ。最近不調と聞いていたから、あまりプレッシャーをかけるのも悪いと思っていたが、やっぱり彼はやる時にはきちんとやる男だった。とにかく、元担任として心からおめでとうの言葉を贈ります。あなたの活躍は、多くの人の励みとなると思います。もちろん私にとっても久しぶりのよいニュース、シアワセな気持ちになりました。今度会ったら彼の大好きなラーメンでも御馳走しようかな。

三陸海岸に日はまた昇るか

 前の三連休、3月11日以来ずっと気になっていた、宮城県の三陸沿岸の様子を見てきた。気仙沼、南三陸、石巻はいずれも津波で大きな被害を受けた。3月11日の夜、避難所となった学校の体育館で、ラジオから聞こえる「宮城県南三陸町志津川、壊滅と思われます」というニュースを聞いて耳を疑った。私は気仙沼には過去2回、南三陸にも2回、石巻には10回以上行ったことがあり、それぞれに思い出がある。さらに、石巻市の旧北上町には叔父が住んでおり、この当時連絡が取れていなく、その身を案じていた。幸い叔父も家族もその後無事が確認された。

 気仙沼も、南三陸も、石巻も、ひどい有様だった。がれきの撤去は進んでいるが、それが一層がらんとした印象に拍車をかけている。とくに南三陸がひどかった。さほど広くない市街地はきれいになくなっていた。わずかに病院やスーパーマーケットなどの鉄筋コンクリートの建物が形を残していた。それでも少しだけ、復興の足音も聞こえてきた。
 本来なら、この週末に女川、東松島、仙台、名取を訪れる予定だったが、金曜日から風邪をひいて寝込んでいたため、来週に延期することにした。それがまとまったら皆様にお伝えする予定です。

1日で最も好きな時間は


ブログネタ: 一日で一番好きなときは?参加数

 やっぱり、この時間かな。午後9時~午前0時くらいの時間。とくに見たい番組が無い限り、午後9時にはテレビを消す。風呂に入ってさっぱりしたら、パソコンを立ち上げ、ブログの更新とmixi,、友人のブログを見る。そうしているうちにだんだん眠くなるから、寝室に移って布団にうつぶせになって本を読む。テレビ、ラジオ、インターネット、メディアの数は50年前、100年前よりもずっと豊富になったけれど、本というもっとも原始的なメディアが私にはあっているように思える。眠くなるまで本を読み、我慢ができなくなったら寝る。この時間が一番好きな時間かな。

祈る

福島第一原発一号機の配管に高濃度の水素が溜まっていることが判明して既に2週刊がたった。現在原発では窒素を配管に注入する作業が続けられている。これがうまくいけば、水素爆発の危機は去る。同じ県内にいながら原発に近づくことのできない私はただ祈ることしかできない。どうか、私の愛する福島の地がこれ以上汚染されませんように。そして、過酷な環境で働いている作業員の皆様の健康と安全を。

「魏志倭人伝」の国々へ 11

【12月30日 邪馬台国へ】

 博多の空は雲に覆われていた。年末の博多は陰鬱と言ってもいいくらいの天気であった。博多駅のホームには、長崎行きの特急「かもめ」、ハウステンボス行きの特急「ハウステンボス」、佐世保行きの特急「みどり」の3本の列車を併結した長い列車飼が止まっていた。私は佐世保行き「みどり」の自由席に座った。

 特急列車は速度を上げ、南福岡、二日市と福岡の郊外の住宅地を走り抜ける。左側から筑豊本線の線路が迫ると原田。ここを過ぎると佐賀県に入る。基山を過ぎると雲が切れてきた。鳥栖を発車すると右に急カーブをとると長崎本線に入る。それからほどなく佐賀に着く。
 佐賀駅で予約していたレンタカーを借りる。今回のクルマはマツダ・デミオ。現行モデルはスペース効率第一主義で冷蔵庫のようなクルマばかりになってしまった国内市場に、大胆にもスタイリッシュなクルマを送り出してきた。車内は決して広々ではないが、2人程度なら必要十分なスペースがある。
 佐賀駅から市街地を抜け、国道34号線に入る。神埼市に入ると間もなく吉野ヶ里遺跡になる。このころには雨が降り出した。ここは広い遺跡なので雨が降ったら困るなと思っていたら、受付で傘をかしてくれた。年末で悪天候だから、お客は少ない。集落の周囲にめぐらされた堀は思った以上に立派だった。集落の中に入ると、ガイドの女性が話しかけてきた。いろいろ聞いてみたいこともあったので、ガイドをお願いすることにした。彼女の話す日本語がちょっときになったが、失礼なので黙っておく。

 望楼に上がって見る。この遺跡自体が小高いところにあり、望楼に上ると非常に眺望がきく。高い建物が無かった弥生時代にはすごい眺望だっただろうと思う。この遺跡には四角い竪穴式住居が見られるので、そんなことなどを聞いたみた。しばらく話しているうちに、彼女が韓国のプサン出身であることが分かった。そのうちに、吉野ヶ里遺跡のことから、韓国の生活のことに話題が移り、30分以上話し込んだ。

Photo


Photo_2


また会う日まで

 3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故によって、JR常磐線は福島県いわき市の久ノ浜駅から宮城県亘理町の亘理駅までの110.6kmの区間が運休している。このうち、久ノ浜駅~広野駅間の8.4kmと、原ノ町駅~相馬駅~亘理駅間の47.7kmは列車代行バスが運行されている。しかし、福島第一原子力発電所の事故による警戒区域に相当する広野駅~原ノ町駅の間は、列車の運転はおろか代行バスの運転もできない状態である。さらに、福島第一原子力発電所の事故は、政府は盛んに冷温停止を目標として掲げているが、目標はそれではなく、燃料の取り出しと完全な廃炉。もっとも、メルトスルーした原子炉の燃料を取り出す技術がこの世に存在するのかは私にはわからない。また、かりに燃料を取り出せたとしても、原発周辺の市町村は相当線量が高く、人が住めるようになるにはどれくらいかかるのかはさっぱりわからない。そいうわけで、ひょっとしたら現在39歳の私は常磐線のこの区間(とくに富岡~浪江間)に二度と乗ることができないままこの世を去ることになることは決してあり得ない話ではないのである。

http://www.youtube.com/watch?feature=related&v=n6nKUxZiQMc&gl=JP

 上のリンクは、昨年の7月に常磐線の特急「スーパーひたち」50号の車窓を撮影した動画である。ちょうど、問題の区間が入っていて、貴重な動画である。今日の昼間、今後いつ見ることができるかわからない原ノ町~広野間の車窓風景を食い入るように眺めた。おもなポイントを下に記します。
  4分30秒 磐城太田駅通過・・・この少し先から原発事故による警戒区域になる(20km地点)
 16分30秒 浪江駅停車…双葉郡内最大の町
 21分…双葉駅通過 ここから次の大野駅の間が福島第一原発に最も近い地点
 25分…大野駅通過
 29分30秒…夜の森駅通過、つつじと桜の名所、風光明媚な駅でした
 33分30秒…富岡駅停車、駅は東日本大震災の津波で焼失した。福島第二原発の最寄り駅
 43分…木戸駅通過、次の広野駅との中間地点付近で警戒区域を抜ける
 47分…広野駅通過、ここから代行バスが運転されている
 53分…久ノ浜駅通過、ここから普通列車のみ運転再開
 67分30秒…いわき駅停車

 じつは、私が9歳から18歳まで過ごした家もこの動画に写っているのですが、どの地点かは内緒です。警戒区域に住んでいて、避難を余儀なくされている皆様、警戒区域外で放射線により健康被害に覚えている皆様。皆様の生活が1日でも早く元通りになることを心よりお祈りしています。また、新天地での生活を選んだ皆様には、新天地での生活が幸多いことを心よりお祈り申し上げます。そして、常磐線沿線にに列車の響きが1日も早く戻ることを心から願っています。
 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ