« 1日で最も好きな時間は | トップページ | 嬉しい知らせ »

三陸海岸に日はまた昇るか

 前の三連休、3月11日以来ずっと気になっていた、宮城県の三陸沿岸の様子を見てきた。気仙沼、南三陸、石巻はいずれも津波で大きな被害を受けた。3月11日の夜、避難所となった学校の体育館で、ラジオから聞こえる「宮城県南三陸町志津川、壊滅と思われます」というニュースを聞いて耳を疑った。私は気仙沼には過去2回、南三陸にも2回、石巻には10回以上行ったことがあり、それぞれに思い出がある。さらに、石巻市の旧北上町には叔父が住んでおり、この当時連絡が取れていなく、その身を案じていた。幸い叔父も家族もその後無事が確認された。

 気仙沼も、南三陸も、石巻も、ひどい有様だった。がれきの撤去は進んでいるが、それが一層がらんとした印象に拍車をかけている。とくに南三陸がひどかった。さほど広くない市街地はきれいになくなっていた。わずかに病院やスーパーマーケットなどの鉄筋コンクリートの建物が形を残していた。それでも少しだけ、復興の足音も聞こえてきた。
 本来なら、この週末に女川、東松島、仙台、名取を訪れる予定だったが、金曜日から風邪をひいて寝込んでいたため、来週に延期することにした。それがまとまったら皆様にお伝えする予定です。

« 1日で最も好きな時間は | トップページ | 嬉しい知らせ »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日で最も好きな時間は | トップページ | 嬉しい知らせ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ