2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 放射線量マップ(最新版) | トップページ | 「魏志倭人伝」の国々へ 11 »

また会う日まで

 3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故によって、JR常磐線は福島県いわき市の久ノ浜駅から宮城県亘理町の亘理駅までの110.6kmの区間が運休している。このうち、久ノ浜駅~広野駅間の8.4kmと、原ノ町駅~相馬駅~亘理駅間の47.7kmは列車代行バスが運行されている。しかし、福島第一原子力発電所の事故による警戒区域に相当する広野駅~原ノ町駅の間は、列車の運転はおろか代行バスの運転もできない状態である。さらに、福島第一原子力発電所の事故は、政府は盛んに冷温停止を目標として掲げているが、目標はそれではなく、燃料の取り出しと完全な廃炉。もっとも、メルトスルーした原子炉の燃料を取り出す技術がこの世に存在するのかは私にはわからない。また、かりに燃料を取り出せたとしても、原発周辺の市町村は相当線量が高く、人が住めるようになるにはどれくらいかかるのかはさっぱりわからない。そいうわけで、ひょっとしたら現在39歳の私は常磐線のこの区間(とくに富岡~浪江間)に二度と乗ることができないままこの世を去ることになることは決してあり得ない話ではないのである。

http://www.youtube.com/watch?feature=related&v=n6nKUxZiQMc&gl=JP

 上のリンクは、昨年の7月に常磐線の特急「スーパーひたち」50号の車窓を撮影した動画である。ちょうど、問題の区間が入っていて、貴重な動画である。今日の昼間、今後いつ見ることができるかわからない原ノ町~広野間の車窓風景を食い入るように眺めた。おもなポイントを下に記します。
  4分30秒 磐城太田駅通過・・・この少し先から原発事故による警戒区域になる(20km地点)
 16分30秒 浪江駅停車…双葉郡内最大の町
 21分…双葉駅通過 ここから次の大野駅の間が福島第一原発に最も近い地点
 25分…大野駅通過
 29分30秒…夜の森駅通過、つつじと桜の名所、風光明媚な駅でした
 33分30秒…富岡駅停車、駅は東日本大震災の津波で焼失した。福島第二原発の最寄り駅
 43分…木戸駅通過、次の広野駅との中間地点付近で警戒区域を抜ける
 47分…広野駅通過、ここから代行バスが運転されている
 53分…久ノ浜駅通過、ここから普通列車のみ運転再開
 67分30秒…いわき駅停車

 じつは、私が9歳から18歳まで過ごした家もこの動画に写っているのですが、どの地点かは内緒です。警戒区域に住んでいて、避難を余儀なくされている皆様、警戒区域外で放射線により健康被害に覚えている皆様。皆様の生活が1日でも早く元通りになることを心よりお祈りしています。また、新天地での生活を選んだ皆様には、新天地での生活が幸多いことを心よりお祈り申し上げます。そして、常磐線沿線にに列車の響きが1日も早く戻ることを心から願っています。
 

« 放射線量マップ(最新版) | トップページ | 「魏志倭人伝」の国々へ 11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線量マップ(最新版) | トップページ | 「魏志倭人伝」の国々へ 11 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ