« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の1件の記事

お知らせ

中部大学武田邦彦教授によると福島県、および関東地方でセシウム降下量が増加しているそうである。その量は、3月よりやや少ない程度なので、相当多い量であると思われる。現在のところ、福島市、郡山市、いわき市、南相馬市ともに空間線量に大きな変動が無いが(あえていうと6日夕方の福島市がやや上昇傾向)、今後も動向には注意が必要だと思う。テレビや新聞などで報道される放射線量に気をつけるとともに、小さい子どもの屋外での遊びは控えたほうがいいだろう。また、葉物野菜を中心に放射性物質による汚染に気をつけた方がいいだろう。

http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu9.pdf

 この資料を見ると、2日朝から3日朝にかけてセシウムの降下量は大幅に増えていることがわかります。テレビやラジオはどうしてこんなに大切なことを報道しないのでしょうか。東電の金の力に逆らえないのなら、マスメディアを名乗る資格は既にない。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ