« 3.11を前にして | トップページ | 卒業 »

祈り、そして感謝

 今日で東日本大震災の発生からちょうど1年になります。この大震災では、1万6千人近い方が亡くなり、3千人以上の方がいまだに行方不明になっている。また、津波の被害により青森県から千葉県にかけての広い範囲で住宅や鉄道、道路などの被害があり、とくに岩手、宮城、福島県の被害が大きかった。さらに、この震災により、東京電力福島第一原子力発電所では大規模な事故が発生し、いまだ事故の収束の目途は立っておらす、同発電車から半径20kmの範囲は警戒範囲に指定され、災害復興に携わる人以外の立ち入りが規制されている。私もこの1年、地震と原子力災害の恐ろしさを改めて知ることになった。震災から1年経った今、私の気持ちを改めて整理してみたいと思う。

 この震災で亡くなった方には、ご冥福を心よりお祈りします。迫りくる津波、飲み込まれていく町、崩れる建物、さぞ怖かったことだろうと思います。どうか、被災地の復興を見守ってください。
 避難中や避難所で亡くなった方にもご冥福を心よりお祈りします。混乱した状況下で、見知らぬ場所で、さぞ心細かっただろうと思います。どうか、あなたの大切な人が無事でありますように。
 いまだに後遺症や心身の不調に苦しむ方には回復をお祈りします。止まない雨はありません、明けない夜もありません、一緒にがんばりましょう。どうか、1日も早く良くなってください。

 私たちを助けて下さった方には、心より感謝を申し上げます。危険をかえりみず、日常をなげうって、私たちのために尽くして下さったあなたのことを。私は、いつまでも忘れません。
 私たちのために祈ってくださった方々には、ありがとうの言葉を贈ります。遠い土地から、遠い国から、私たちにエールを送ってくださった方のことを。今度は、あなたを救うために祈りたい。
 最後に私の親しい人たちに、感謝しています。私を気遣って、励まして、慰めてくれた人たちのことを。ありがとう、あなたがいたから私は頑張れたんだ。

« 3.11を前にして | トップページ | 卒業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3.11を前にして | トップページ | 卒業 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ