2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 関越道バス事故の衝撃 | トップページ | 私の願いは »

橋下ってやっぱり…

 大阪市長橋下が率いる大阪維新の会が、大阪市議会に「家庭教育支援条例」なる条例案を検討していたが、その内容が問題になり、条例案を撤回することになった。内容のうち、問題となった部分を抜粋する。

(発達障害、虐待等の予防・防止の基本)
第15条
乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる

(伝統的子育ての推進)
第18条
わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり、こうした子育ての知恵を学習する機会を親およびこれから親になる人に提供する

 まず、第15条であるが、乳幼児期のまわりの人との関係の重要性は非常に重要であるが、愛情の不足が軽度発達障害やそれに似た症状を誘発するというのは聞いたことがない。一般に軽度発達障害とはアスペルガー症候群や高機能自閉症、学習障害、注意欠陥・多動性障害をさすが、これらの原因が愛情の不足によって起きるという間違った認識を広めてしまうことになる。障害があろうが無かろうが、全ての子どもが愛情に包まれ、社会の支援によって健全に育つことを目指すことが自治体として当然行うことだろう。
 次に、第18条であるが、伝統的子育てとはいったい何をさすのだろうか。社会の価値観が多様化して、家族の形も多様化している。そのような中で、家庭をひとつの枠に縛りつけることが果たして可能なことなのだろうか。そして、そうすることで発達障害を防止できるとはどのような科学的知見に基づいたものなのか、私には理解不能である。そもそも、発達障害は予防するものではなく、育ちを支援する環境を整備するものである。

 まさかとは思っていたけれど、やっぱり橋下って…なんだろうなぁ。
※…の部分にはあなたの思った言葉を入れてください。

« 関越道バス事故の衝撃 | トップページ | 私の願いは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関越道バス事故の衝撃 | トップページ | 私の願いは »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ