« 橋下ってやっぱり… | トップページ | どっちも大馬鹿者じゃぁ~ »

私の願いは

 毎週木曜日はとても楽しみな日である。それは、教え子に会えるから。木曜日の夕方、教え子が焼きたてのパンを学校に売りに来る。かれは養護学校を卒業して10年になる。毎日朝早くから粉にまみれてパンを作っている。そんな彼は、生徒だった時に比べるとずっと大人になりたくましくなった。自信さえ身につけたように見える。私はそんな教え子の姿を見るのが何よりの楽しみだ。だから、ついついパンをたくさん買ってしまう。そして、夜は別の教え子とメールをした。こちらは社会に出て、ルーキーとして奮闘中である。それでも、無機質なはずのメールの文字からなんとなく、彼の自信と力強さを感じる。
 メールを終えた後、昔教え子に話した言葉を思い出した。「楽な人生が楽しい人生というわけではないよ、つらいこと、大変なことの後にこそ楽しいことがあるんだよ」。社会の中で奮闘する教え子たち、そうだ、私も負けていられない、楽しい人生になるように頑張ろう、教え子たちに負けてはいられない。

« 橋下ってやっぱり… | トップページ | どっちも大馬鹿者じゃぁ~ »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

あのパン屋さんおいしいですよねo(*^▽^*)o
私もあのパン屋さん大好きです。

私は昔、「楽な人生」を模索していました。
だけど今は「つらい人生」があるからこそ、楽しい人生が送れるだな。と思っています。

そんな素敵な先生に教えられて卒業していった生徒さんたちは幸せですね。
先生の言葉が、私の胸にも深く突き刺さります。

眠い子さん はじめまして。いつも快晴だったら、晴れの日の気持ちよさが分からないですよね。曇りの日もあり、雨の日もあってはじめて晴れの日の気持ちよさがわかるのだと思います。ぜひ、雨の日に一緒に歩いてくれる人を見つけてください、一生の宝になりますよ。そして、パンがおいしかった時「パン、おいしかったですよ」と一言いったら、パン屋さんの人もとても喜ぶと思います。

黒猫さん、はじめまして。そんな気のきいたことを言うのは卒業式の時くらいです。普段は…言うまでもないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋下ってやっぱり… | トップページ | どっちも大馬鹿者じゃぁ~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ