2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 感謝申し上げます | トップページ | 今、福島で起きていること »

金曜の夕方は郡山駅前に集合だ!

 最近、毎週金曜日の夕方に首相官邸前で行われている原発への抗議活動については、テレビでも大きく取り上げられ、ご存知の方も多いと思います。3月の末に、わずか300人ほどで始まった抗議活動は、ツイッターなどで瞬く間に広がり、私が参加した6月29日には数万人に膨れ上がり、首相官邸前を埋め尽くすほどの人数になった。今回の抗議活動の特徴は、政党や労働組合など組織が中心になっているのではなく、仕事帰りのサラリーマンや、学校帰りの学生、子供を連れたお母さんなど、特定の組織に属していない、普段このような活動と縁のない人が、原発事故への怒りや、国や電力会社の不甲斐なさに対する呆れ、自分や家族の命を守るために自主的に集まって、「再稼働反対」を叫んでいたことである。

 そして、福島県郡山市でも先週から金曜日夕方の抗議活動が始まった。先週の活動は私を含めて20名少々、であったが、多くの人が足を止めて関心を示してくれた。

 日本人はこのような形で、政治的な主張をすることを好まない人が多い。そういう私自身、初めて抗議活動に参加したのは6月29日の首相官邸前、はじめてマイクを握って自分の意見を述べたのは、先週の郡山駅前であった。もし原発事故がなかったら、このようなことはないまま一生を終えたのかもしれない。しかし、事故を起こした原発のある福島県民がもっと怒らないと、この事故の責任はうやむやにされたまま幕引きがされてしまうかもしれない。そうなった場合、十分な治療や、補償が行われず不利益をこうむるのは、結局私たち福島県民になってしまう。大人はそれでも自業自得かもしれないが、子供たちや若い人たちのために声をあげるのが私たち福島の大人たちの責任だと思う。

 明日の18時から19時まで郡山駅前広場で抗議活動が行われます。どうか、仕事帰りの方も、学校帰りの方も、買い物帰りの方も、飲み会がある方も、少し時間を割いて怒りや不安の声をぶつけてください。もちろん私も行きます。

« 感謝申し上げます | トップページ | 今、福島で起きていること »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感謝申し上げます | トップページ | 今、福島で起きていること »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ