« 「炎のランナー」 | トップページ | フェリー »

いわきの海は…

 東京電力福島第一原発事故後、福島県で初めて再開されたいわき市の勿来(なこそ)海水浴場が12日、今季の営業を終えた。
 7月16日の海開きから今月11日までの来場者は7970人で、震災前の2010年(7月14日~8月18日)の18万1726人を大きく下回り、市の担当者は「原発事故の風評被害が大きい」と残念そうだった。
 昨年は県内全ての海水浴場が営業を休止。今年は勿来海水浴場が県内で唯一、海開きした。県と市は砂浜の空間放射線量や海水の放射性物質濃度を調査して安全をPR。その一方、例年はお盆休み明けまで営業していたが、市内で424人が震災の犠牲になったことから、今年は海のレジャーを自粛する意味を込めて12日で営業を終えることにした。(以上、読売新聞より転載)

 私の故郷、福島県いわき市には「いわき七浜」と呼ばれる美しい砂浜海岸があります。とくに、勿来海水浴場は、最も関東に近い海水浴場として、福島県内はもとより、茨城県、栃木県などからも多くの人が訪れていた。去年の夏は、夏休みの日曜の昼下がりにも関わらず、勿来海水浴場には誰一人いなかった。焼けつく日差しの下、茫然と立ち尽くしていた。私の子供のころの勿来海水浴場は、色とりどりの水着を着た男女で海の中に花が咲いたようににぎやかだった。あの頃のにぎやかな海はもう戻ってこないのか、暗澹たる思いである。
 福島の人にお願いしたい、風評被害なんて言葉は安易に使わないでほしい。現実に、福島の海も山も、田畑も汚染されている。風評浮被害なんて言っていたらいつまでも福島の人々は救われない。みんなで国と東京電力の責任を追及して、正当な補償を求めていきましょう。


« 「炎のランナー」 | トップページ | フェリー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

うちは大洗に別荘があるんだけど
大洗海岸も人がいなくて悲惨だよ・・・


茜さん 大洗もですか。津波と原発事故の爪痕は本当に大きいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「炎のランナー」 | トップページ | フェリー »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ