« 福島県民の避難に公的な支援を! | トップページ | 星の一生、人の一生 »

ネットで拾ったものですが、当たっていますね。

■水俣と福島に共通する10の手口■

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する
 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む
 3、被害者同士を対立させる
 4、データを取らない/証拠を残さない
 5、ひたすら時間稼ぎをする
 6、被害を過小評価するような調査をする
 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる
 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む
 9、海外に情報を発信しない
10、御用学者を呼び、国際会議を開く
 アイリーン・美緒子・スミスの言葉(水俣病を世界に伝えた、故ユージン・スミスの妻)

 歴史は繰り返すですね。さらにさかのぼると、太平洋戦争で絶望的な戦況になりながら、責任を取るべき人が責任を取らず、決断をすべき人が決断をせず、沖縄でたくさんの人命を失い、特攻などという馬鹿げた戦術で(戦術の名に値しないかもしれない)ずるずると戦争を続けた過去を連想します。

« 福島県民の避難に公的な支援を! | トップページ | 星の一生、人の一生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島県民の避難に公的な支援を! | トップページ | 星の一生、人の一生 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ