« 「福島 六ヶ所 未来への伝言」上映会@郡山 | トップページ | 校歌つくります »

明日は3.11

 2年って本当にあっという間に過ぎてしまいました。そして、また3月11日がやってきます。

 2011年3月11日金曜日、日本列島をマグニチュード9の超巨大地震が襲った。震源は岩手県から茨城県の沖合の太平洋にあるプレート境界。巨大な津波が北海道から千葉県の太平洋岸を襲い、各地で大きな被害をもたらした。私がこの目で見ただけでも、北から気仙沼、南三陸町の志津川、女川、石巻、東松島市の野蒜、仙台市の蒲生・荒浜、名取市の閖上(ゆりあげ)、相馬市の原釜、いわき市の久ノ浜・豊間で市街地が壊滅的な打撃を受けた。これらの地域では瓦礫の撤去はおわったものの、復興はまだ見通しが立っていない。それ以上に深刻なのが、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、こちらは事故の収束の見通しすら立っていない。

 私自身のことを言えば、震災直後から続く心身の不調から完全に立ち直ってはいない。地震の揺れの恐怖、放射線の恐怖、将来への不安に今でも襲われている。これらから解放されるのはまだまだ先のことになりそうだ。

 それでも、2年は大きな区切り、私も明日の14時46分にはこの震災で犠牲になった方のご冥福を祈って黙祷をしようと思う。そして、この震災のことをこれからも語り継いでいきたい。

« 「福島 六ヶ所 未来への伝言」上映会@郡山 | トップページ | 校歌つくります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「福島 六ヶ所 未来への伝言」上映会@郡山 | トップページ | 校歌つくります »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ