2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の6件の記事

こんなバスはいかがでしょうか

 東北地方の地図を見てほしい。福島県の太平洋側の地域にはJR常磐線、国道6号線、常磐自動車道の3本の主要な路線が南北に走っていることがわかるだろう。これらの路線は福島県内の交通だけでなく、東北と首都圏を結ぶ主要な交通機関であった。このうち、JR常磐線は相馬~浜吉田間が津波の被害で、広野~原の町間が原発事故の影響で現在も運休している。国道6号線は原発事故の影響で富岡町~浪江町間が指定車両を除き通行止め、常磐自動車道が広野IC~常磐富岡IC間が通行止めになっており、福島県浜通りの交通は文字通りずたずたの状態になっている。残念ながら、福島第一原発事故の収束の目処は立たず、これらの区間の交通網が元に戻るには相当な年月がかかりそうだ。とくに深刻なのが、南相馬市と相馬市で、以前は常磐線の特急「スーパーひたち」で3時間20分ほどで東京の上野まで行けたのが、現在では2時間近くかけて阿武隈山地を横断するバスに乗って福島まで行って、東北新幹線か福島~新宿間の高速バスに乗り換えなければ東京に行けなくなった。乗り換えを要するのは、旅慣れない人や高齢者にとっては大きな負担である。原発事故後、福島県内の旅行会社によって南相馬~東京間のツアーバスが運行されたこともあるが、現在は撤退している。
 そこで、この区間に高速路線バスを運行してほしいと思う。福島交通相馬営業所を起点に、鹿島、原ノ町駅前に停車、二本松ICから東北自動車道に乗り、東京の王子駅(上りのみ)、池袋駅、新宿駅に停車するルートである。運行会社は福島交通とJRバス関東がいいと思う。片道6時間以上かかる長距離路線になりそうなので、夜行便もあるといいだろう。
 次に、常磐線や国道6号線は茨城県の各都市と仙台を結ぶ役割もあった。そこで、仙台駅前を出発して広瀬通一番町、日立駅、大工町、水戸駅。こちらは宮城交通、日立電鉄交通サービス、茨城交通か。
 最後に、寸断されてしまった福島県浜通りの南北を結ぶ路線として、相馬営業所、鹿島、原ノ町駅、川俣、道の駅東和、船引駅、小野IC、いわき好間、いわき駅、ラパークいわき間を結ぶ路線はいかがだろうか。こちらの担当事業者は福島交通と新常磐交通だろうか。
 いずれの路線も採算性などの面で厳しいが、国策で進めてきた原子力発電の結果による惨状なので、これらの地域の人々のアシを確保するのは国の責務だと思う。

郡山・宇都宮~名古屋間高速夜行バス運行開始

 福島交通・関東自動車・名鉄バスの三社は共同で郡山・須賀川・白河(西郷バスストップ)・宇都宮・鹿沼・佐野と岡崎・豊田・名古屋を結ぶ夜行高速バスを7月4日から運行することになった。トイレ付3列独立シートのゆったりとした車両を使い、夜行なので冬を除けば定時性も期待できる。観光に、ビジネスに役立つ交通機関になることが確実です。
 福島県・栃木県から愛知県を結ぶ交通機関はありそうで今までなかったのが不思議なくらいですが、このバスの開業をきっかけに交流が増えることを期待しています。

 福島交通のPDF資料です
http://www.fukushima-koutu.co.jp/upd/attache/files/highway/20130528_nagoya_flyer.pdf

スバルXV インプレッション その3

【クルマは快適で便利なほうがいいよね】

○前席の居住性

 前席の座り心地はとても気に入っています。適度にコシがあり、ホールド感のあるシートは乗り疲れしにくく、なかなかいいです。頭上の余裕はそんなに広いわけではないですが、必要十分な広さは確保しています。とくに運転席はパワーシートで、座席の前後、高さ、リクライニング角度を無段階で調整できるので、ここだという好みの角度に調整できるのは嬉しい限りです。ただし、座高の高い人だと、アイサイトのカメラの出っ張りが若干気になるかも知れません。

○後席の居住性

 足元は十分広いです。前に乗っていたフォレスターでは足が短い私ですら窮屈だと思ったのが、XVではずいぶん広くなりました。頭上の余裕は、後部に行くうーフが絞られているデザインの関係上、さほど広いわけではありませんが、まぁ狭いと思うことはありません。ひとつスバルに要望をするとすれば、もう少し後席のホールド性を良くしてほしいと思います。なお、XVはAWD(4WD)である関係上、後席中央部の床面にドライブシャフトを通すトンネルがあり、5人乗りは厳しいです。

○ラゲッジスペース

 見た目に反して奥行きがあり、積載力は結構あります。5~6泊の旅行に使えるスーツケースが楽に縦に入るほどの奥行きがあります。2人で1週間程度の旅行、4人で2泊程度の旅行の荷物は十分積めると思います。

○座席周りの収納

 このクルマの弱点の一つが座席周りの収納です。全席・後席のカップホルダー、グローブボックス、コンソールボックス、インパネ下に収納がありますが、グルーブボックスは車検証や取扱説明書でほぼいっぱい、コンソールボックスはCDとスマートフォンの充電器の指定席、となると自由に使える収納はインパネ下だけということになります。そこで私はエアコン吹き出し口に社外品のカップホルダーをつけて、車両に装備されているカップホルダーを小物入れにしています。オプションのETCをつけると、カードなどを収納する部分がなくなってしまうのが残念。

初夏の風

 私が4月から勤務している学校は田んぼの中にある。天気のいい日は生徒と一緒に学校の周りを歩くことがある。今日は少し離れた公園まで歩いてきた。学校の周りの田んぼはすっかり田植えが終わって苗が気持ちよさそうに風に揺れていた。その風は温かく、もう春というより初夏の風だった。日差しも既に春のそれではなく、夏のように強くなっていた。とはいえ、真夏のように暑くじめじめしているわけではないから過ごしやすい。生徒の引率でついて言っているのだが、私にとってもこの時間はとても気持ち良く素敵な時間だった。

5月はフェアトレード月間

 皆さんも「フェアトレード」という言葉をお聞きになった方も多いと思います。経済的に弱い立場にある発展途上国の資源や食糧、製品を公正な価格で継続的に取引をすることで、発展途上国の生産者、労働者の生活向上と自立を図る運動です。日本では古くは生協によってフェアトレード商品が扱われ、最近では流通大手のイオンがフェアトレードチョコレートやコーヒーを扱い、外食大手のゼンショー(すき家)がフェアトレードコーヒーや紅茶を扱っているので、目にされた方も多いと思います。最近では食品だけでなく、衣料品、アクセサリー、民芸品などの商品も増え、ネット通販での扱いも増えてきました。私もフェアトレード商品を扱うネット通販のサイトを見て、アフリカの民芸品など面白いなと思ってみていました。私が住む市内にもフェアトレード商品を扱う店があるようなので、近々店に行ってみようと思います。商品には安さや便利さだけではなく、人と人がつながり、富を分かち合うという大切な価値があると思います。あなたもフェアトレード商品、いかがですか?

スバルXV インプレッション その2

【まずは肝心かなめの走りは?】

○ 動力性能

 2000ccエンジンのクルマとしてはごくごく普通の動力性能です。加速がかったるいと思うことはありませんが、飛びぬけた速さはありません。新設計の水平対向エンジンは低回転からしっかり力があり、街乗りから高速道路まで無難にこなします。ただし「Sモード」に入れると話は別です。エンジンもミッションも別物のように生まれ変わり、鋭い加速もこなします。普段はのんびり、時にはジェットに、いろいろな走りが楽しめます。

○リニアトロック(CVT)

 私が乗っていたフォレスターのデザインやパッケージングは素晴らしかったが、いかんせんエンジンとミッションは設計の古いものであった。この両者の改善は、燃費や環境対応が叫ばれるこのご時世ではどうしても必要なものであった。そして、XVのリニアトロックはなかなかの出来栄えだった。昔のCVTにあるような、アクセルを踏み込んで速度が上がるのがワンテンポ遅れる不自然さがなく、ごく自然にスムーズに加速する。Dレンジから右にチェンジレバーを傾けると6速MT車と同じように運転することができる。Dレンジのままでも、ステアリングについているレバーを引くと、いつでも好きなようにシフトチェンジをすることができる。とくに、下り坂でエンジンブレーキを聴かせたいときにシフトダウンすると、ちょうどいい段数にシフトダウンすることができる。

○ ハンドリング

 ベースのインプレッサよりも車高が上がりましたが、それが走りに大きなマイナスになっていません。少々オーバースピードでコーナーに進入してもロールは抑えられ、安心感のある足回りです。サスペンションは低速ではちょっと硬めかなと思う時もありますが、少しスピードを上げるといい感じになります。このあたりはもう少し走行距離が増えると変わってくるかもしれません。

○ 長距離ドライブは?

 今のところ、1日当たり300kmくらいしか走ったことがありませんが、適度にアイポイントが高く、走りの基本性能がしっかりしたクルマなので苦痛になることはありませんでした。

○ 狭い道での取り回しは?

 全幅1780㎜というのは決して小さいサイズではありませんが、見切は悪くはありません。しかし、自宅周辺に狭い道が多い方や、車庫が狭い方は、試乗車を自宅まで乗り入れてみることをお勧めします。また、斜め後方の視界は悪いです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ