2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の6件の記事

選挙にGo!

 今日は参議院議員通常選挙です。有権者のみなさん、この国の行方を決める大事な選挙です、ぜひとも投票に行きましょう。棄権は危険です。

 さて、こんどの選挙では多くの投票所で投票終了時間が繰り上げられます。投票所入場券や各自治体の選挙管理委員会のホームページでご確認ください。参考に、私が住む福島県いわき市の場合、
 
○ 午後7時で終了する投票所

   平地区       すべての投票所

   小名浜地区    すべての投票所

   勿来地区      第1、2、3、5、7、8、9、10、11、12、13、17、21投票所

   常磐地区      すべての投票所

   内郷地区      すべての投票所

   四倉地区      すべての投票所

   好間地区      すべての投票所

○ 午後6時で終了する投票所

   勿来地区      第4、14、15、16、18、19、20、22投票所

   遠野地区      すべての投票所

   小川地区      すべての投票所

   三和地区      すべての投票所

   田人地区      すべての投票所

   川前地区      すべての投票所

   久之浜大久地区 すべての投票所

 となっております。お早目の投票を!なお。福島県内で言うと、喜多方市と桧枝岐村の一部が午後4時締切となっています。

ラブカ様に会いに行く

 先の三連休の初日、東京上野の国立科学博物館に行ってきた。お目当ては特別展「深海」であった。結論から先に言うと、なかなかおもしろかった。深海の生物というと、あなたは何を連想されるだろうか。不気味、奇怪、私たちとは無関係…いえいえ、そんなことはないのです。私たちが普段口にしている魚介類の中にも深海に住む生き物は意外と多いのです。水産加工品に使われるスケトウダラ、カニの王様ズワイガニ、常磐の味覚アンコウ、焼き魚が美味なムツ、白身魚フライに使われるメルルーサ。このほかいろいろな深海の生物を私たちは利用しているし、これから人類の食糧問題を解決するヒントが深海に隠されている。それにしても、光のほとんど届かず、餌の乏しい深海の環境に適応するために適応した生物たちのしたたかさには脱帽する。奇妙な姿も、ちゃんと合理性があるのだ。さまざまな深海の生物の中で、もっともうれしかった出会いは、ラブカの標本に出会えたことだ。ラブカは中生代のジュラ紀、1億5000万年前からほとんど姿を変えず生き続けた原始的なサメである。姿は非常にグロテスクであるが、こんなに長い期間姿を変えず生き続ける生物はそうはいない。ガラス瓶のホルマリン液の中に、恐竜の全盛期から生き続けた生物がいる、それだけで嬉しくなってくる。おそらく、浅い海で生き続けたら、とっくにラブカは絶滅していただろう。深海、万歳である。

 あわしまマリンパークホームページ(ラブカの写真があります)
  http://www.marinepark.jp/shark.html

 いつの日か、潜水艇に乗って深海に行き、ラブカをはじめ、彼らがいきいきと泳いでいる姿をこの目で見てみたいと思う。

恐れていたことが現実に

 1872年(明治5年)東京の新橋と横浜の間に日本初の鉄道が開業した。その後、明治時代の貧弱な財政では日本各地に鉄道路線を不悉することができず、山陽本線、東北本線、高崎線、常磐線など多くの鉄道が民間の手で建設された。明治中期から国防上の理由などで主要路線を中心に国営化が進んだ。1949年には公共企業体である日本国有鉄道(国鉄)になった。その後、国鉄は余剰人員を抱えていたこと、政治の思惑に左右されたこと、関連事業が制限されていて駅中や駅周辺に優良な資産を保有していながら関連事業の展開ができなかったことなどがあり深刻な赤字経営に転落した。中曽根内閣の行革の一環として1987年(昭和62年)に国鉄は分割・民営化された。6つの旅客鉄道会社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)と貨物会社がスタートした。このうち、東日本、東海、西日本の3つの旅客鉄道会社は優良企業に成長し、株式上場も達成した。しかし、大都市や新幹線など有力な収益源を持たない北海道、四国の旅客鉄道会社の経営は不安視されていた。

 この一つ、JR北海道は、札幌市とその周辺の路線である函館本線(小樽~札幌~岩見沢)、千歳線、学園都市線と札幌と旭川、函館、帯広、釧路などを結ぶ特急列車が文字通り命綱であった。しかし、これらも決して他の地域と比較して有利なわけではなかった。札幌都市圏では地下鉄が早くから路線を伸ばしていたし、札幌と道内の各都市を結ぶ特急列車も、人口密度が低く、面積が広い北海道の地理的条件では決して競争力が強いわけではなかった。道内の各都市を結ぶ航空路線は昔からあったし、自動車も渋滞が少なく平均速度は高い。このような悪条件のもとであったが、JR北海道は奮闘した。札幌都市圏の列車を増発し、新駅を作った。札幌と旭川、函館、帯広、釧路などを結ぶ特急列車には高性能で快適な新型車両を導入した。しかし、人口睦度が低く極度に人口が札幌に集中した北海道で鉄道会社を経営するのは容易なことではなかった。車両や設備のメンテナンスに十分人手とお金をかけられなかった部分もあったのかもしれない。最近のJR北海道は一歩間違えば大惨事になりかねない事故が相次いでいる。津軽海峡線での脱線事故、石勝線(道央と道東を結ぶ路線)では特急列車のプロペラシャフトが脱落し、脱線、炎上する事故も起こしている。さらに7月6日には函館本線で特急列車のエンジンから出火する事故を起こしている。

 鉄道に限らず、交通機関は安全が最も重要な問題である。JR北海道は車両や施設の安全点検に万全を期すとともに、国鉄分割民営化を進めた国にも少なからぬ責任がある。JR北海道やJR四国などの経営基盤が貧弱な会社に対し、安全確保のために手を差し伸べてほしい。

吉田所長の死と福島を覆う暗雲

 東京電力福島第1原発事故の収束作業を指揮した吉田昌郎元所長(58)が9日死去した。原子炉への海水注入の中断を求める東電本店の指示を無視し、独断で注入を続けるなど毅然(きぜん)とした態度が評価された一方、震災前に第1原発の津波対策の拡充を見送ったことも明らかになった。原発立国の光と影を背負ったまま、58年の生涯を閉じた。吉田元所長は、2011年12月、食道がんと診断され、闘病生活に入り、2012年7月には脳出血を起こした。

 吉田元所長は、部下の面倒見がよく、上司には言うべきことはきちんと言う人物だったと聞いています。心よりご冥福をお祈りします。何より残念なのは、事故の真相を語るのにもっともふさわしい方がこの世を去ってしまったこといです。おそらくこの事故は人類史上最大の惨禍で、まだまだ隠された真相があると思っています、吉田元所長の口から真実が聴けることを期待していました。

 こちらはあくまでも推測ですが、放射線を大量に浴びることにより、造血組織が侵されます。免疫をつかさどる白血球が侵されたことで、抵抗力が落ち、がんの進行を大幅に早めた可能性があると思っています。そして、脳出血も、血小板が健全なら防げたのかもしれない。そうなると返す返す残念でなりません。私は彼は原発事故の加害者であり、被害者であると思っています。他にもこの原発事故の収束作業にあたった作業員の方々の健康が強く懸念されますし、福島県民、とりわけ放射線の影響を受けやすい子どもたちの健康が心配です。

 国と東京電力は、作業員や県民の健康被害について隠ぺいすることなく、包み隠さず真実を明らかにしてほしい。そして高市早苗議員(自民党)はこの事故において無責任な発言をした責任をとり議員辞職してほしい。

迷ったら「毎日ボートマッチ」

 参議院通常選挙は、7月21日(日)投開票です。原発などのエネルギー問題、いわゆる「アベノミクス」といわれる安倍内閣の経済政策の是非、憲法改正問題などが争点になっています。しかし、政治のニュースは難しいし、どの候補者や政党を選んだらいいかわからない、そんな方にお勧めなのが、毎日新聞社の「毎日ボートマッチ」質問に答えていくだけで、自分の考えに近い政党や候補者がわかる優れものです。今回は、未来の有権者のための「エラボートジュニア」もあります。中学生や高校生のみなさんにもぜひ体験してもらいたいと思います。選挙で一番いけないのは棄権をすること、ぴったり同じ考えの政党や候補者がなくても、すこしでも考えの近い政党や候補者に投票してください。

 http://senkyo.mainichi.jp/2013san/eravote/
                (毎日新聞社)

七夕の夜はライトダウン

 今日7月7日は七夕であり、クールアース・デーでもあります。クールアース・デーとは、地球環境の大切さをみんなで確認し、家庭や職場における取り組みを推進するための日です。この運動は2008年に福田康夫総理大臣(当時)の提唱によって始められたものです。今晩20時から22時まで、ライトアップしている施設や各家庭で照明を消して、省エネ、温暖化ガス排出削減を図ります。この取り組みが素敵なのは、単に省エネや温暖化ガス排出削減だけでなく、多くの施設や家庭でライトダウンを行えば、年に一度の織姫と彦星のランデブーをもっと多くの人が見ることができるようになることです。地球のことを考えながら、素敵な星空を眺める。そんな素敵な日が年に何日かあってもいいのではないかと思います。私も今日のこの時間、家の明かりとテレビとパソコンを消して、織姫と彦星のランデブーを楽しもうと思います。

http://coolearthday.jp/

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ