« 吉田所長の死と福島を覆う暗雲 | トップページ | ラブカ様に会いに行く »

恐れていたことが現実に

 1872年(明治5年)東京の新橋と横浜の間に日本初の鉄道が開業した。その後、明治時代の貧弱な財政では日本各地に鉄道路線を不悉することができず、山陽本線、東北本線、高崎線、常磐線など多くの鉄道が民間の手で建設された。明治中期から国防上の理由などで主要路線を中心に国営化が進んだ。1949年には公共企業体である日本国有鉄道(国鉄)になった。その後、国鉄は余剰人員を抱えていたこと、政治の思惑に左右されたこと、関連事業が制限されていて駅中や駅周辺に優良な資産を保有していながら関連事業の展開ができなかったことなどがあり深刻な赤字経営に転落した。中曽根内閣の行革の一環として1987年(昭和62年)に国鉄は分割・民営化された。6つの旅客鉄道会社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)と貨物会社がスタートした。このうち、東日本、東海、西日本の3つの旅客鉄道会社は優良企業に成長し、株式上場も達成した。しかし、大都市や新幹線など有力な収益源を持たない北海道、四国の旅客鉄道会社の経営は不安視されていた。

 この一つ、JR北海道は、札幌市とその周辺の路線である函館本線(小樽~札幌~岩見沢)、千歳線、学園都市線と札幌と旭川、函館、帯広、釧路などを結ぶ特急列車が文字通り命綱であった。しかし、これらも決して他の地域と比較して有利なわけではなかった。札幌都市圏では地下鉄が早くから路線を伸ばしていたし、札幌と道内の各都市を結ぶ特急列車も、人口密度が低く、面積が広い北海道の地理的条件では決して競争力が強いわけではなかった。道内の各都市を結ぶ航空路線は昔からあったし、自動車も渋滞が少なく平均速度は高い。このような悪条件のもとであったが、JR北海道は奮闘した。札幌都市圏の列車を増発し、新駅を作った。札幌と旭川、函館、帯広、釧路などを結ぶ特急列車には高性能で快適な新型車両を導入した。しかし、人口睦度が低く極度に人口が札幌に集中した北海道で鉄道会社を経営するのは容易なことではなかった。車両や設備のメンテナンスに十分人手とお金をかけられなかった部分もあったのかもしれない。最近のJR北海道は一歩間違えば大惨事になりかねない事故が相次いでいる。津軽海峡線での脱線事故、石勝線(道央と道東を結ぶ路線)では特急列車のプロペラシャフトが脱落し、脱線、炎上する事故も起こしている。さらに7月6日には函館本線で特急列車のエンジンから出火する事故を起こしている。

 鉄道に限らず、交通機関は安全が最も重要な問題である。JR北海道は車両や施設の安全点検に万全を期すとともに、国鉄分割民営化を進めた国にも少なからぬ責任がある。JR北海道やJR四国などの経営基盤が貧弱な会社に対し、安全確保のために手を差し伸べてほしい。

« 吉田所長の死と福島を覆う暗雲 | トップページ | ラブカ様に会いに行く »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田所長の死と福島を覆う暗雲 | トップページ | ラブカ様に会いに行く »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ