2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の6件の記事

この地図を見て考えて下さい

 http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/b/f/bf9f69cc.jpg

 まずは上のリンクにある地図をご覧ください。いろいろな立場の人が考える東京電力福島第一発電所の事故による汚染範囲をあらわした地図です。一番右の東電が思っている汚染範囲と政治家が思っている汚染範囲はあまりに言語道断なので無視します。左上は東北の人が考える汚染範囲、福島はもう駄目だけど、自分の県は大丈夫だろうと思っている地図です。次は関東の人が思っている汚染範囲、東北はもう駄目だけど関東は大丈夫だろう。以下、北海道、関西、沖縄、海外の人が思っている汚染範囲の地図です。いずれも、汚染の事実は認めつつも、自分のところは大丈夫、いや、そう思いたいという気持ちが表れた結果なのだろうと思います。私自身の認識は、関西の人が考える汚染地図とほぼ同じです。ただし北海道の道南などは汚染地域から外してもいいと考えています。とりわけ東北の福島のほぼ全域、宮城、岩手、山形の一部、関東の茨城、栃木、群馬、千葉、東京、一部は高濃度の汚染地帯だと考えています。さらに、海の汚染はより深刻で、北太平洋の魚は、数年後にはほぼ食べられなくなると考えています。今も危機が続いています。どうか、みなさん、現実から目をそらさないでください。日本と言う一つの国家に留まらない、人類の危機だと考えています。

きれいごとで戦争が描けますか?

松江市の教育委員会が広島への原爆投下の惨禍を描いた漫画「はだしのゲン」を児童生徒が自由に閲覧できないようにすることを小・中学校に通達したそうだ。理由は残虐な表現があるからだそうだ。
小・中学生に残虐な表現のある作品をみさせない、一見正しいことのようだが、私はこの判断は大きな間違いだと思っている。なぜなら戦争とは残虐なものであるし、その中でも原爆は最も非人間的で凄惨な最も凄惨なものであるからだ。だからと言って、児童生徒に戦争について考えさせるのは意味があることだと思うし、同作日は作者の被曝体験をもとに描かれたものであり、質の高い作品だと私は思う。だから、この作品を児童生徒から遠ざけようとした人にその真意を聞いてみたい。ひょっとして、日本を戦争のできる国にしたいのか、はたまた、核武装できる国にしたいのか、何れにせよ不気味で危険な発想だと思う。

福島県浜通りとの海の死亡宣告

 最近、マスメディアの東京電力福島第一原発事故に関する報道の内容が微妙に変わってきた。いつごろかというと、7月後半くらいからだ。太平洋戦争中の大本営を例にすれば、真珠湾攻撃からマレー沖海戦、シンガポール陥落あたりまでの「勝った、勝った、また勝った」的な報道から、ミッドウェー海戦や珊瑚海海戦の「敵にも損失を与えたけれど、味方も結構やられたな」てきな報道に代わってきた。原発から大量に汚染水が大量に漏れ出したり、今日は原発の構内でシャワーを浴びた作業員が被ばくしたというニュースが流れた。

 私はこのニュースをクルマのラジオで聞いた。軽くさらっと流れたニュースであるが、私には恐ろしく、絶望的なニュースだった。このシャワーの水は原発の西10kmにあるダムの水だという。このダムがあるのは阿武隈山地の東麓で、放射線量が非常に高い地域である。水は上から下に流れるものであるから、汚染された山に降った雨は川となり、平野を潤し、海に至る。シャワーを浴びた人を被曝させるほど汚染された山、川、残念ながらここをどうやって人が住めるようにするのか、私には明るい見通しが持てない。「除染」というけれど、確かに道路や庭、家の屋根や壁の除染は可能だけれども、広大な山や森をどうやって除染するのだろうか。だいたい、国が言う除染は、汚いものが棚の上や天井に一杯あるのに、床だけきれいにして「はい、もう安全ですよ」というようなものだろう。シャワーを浴びた人が被ばくするような深刻な状態でどうやって復興するのだろうか。この問いに責任ある答えを言える人は誰もいないと思う。そして原発だけでなく、川から放射性物質が流れ込む福島の海、残念ながら、私は福島の漁業の再生は完全に諦めました。つらいよ、こんなつらいことはない。でも、今の報道の姿勢の変化を見ていると、事態の悪化をひしひしと感じています。

広島より〜鎮魂の日に

今日は広島への原子爆弾の投下から68年目の日になりました。私は広島駅前で日本山妙法寺の方々と待ち合わせて平和公園に向かいました。私たちが会場に入った7時過ぎにはすでに会場は多くの人いっぱいでした。まずは原爆犠牲者慰霊碑に献花をしました。平和祈念式典では、松井一実広島市長、広島の子供の代表、安倍晋三内閣総理大臣、パン・ギブン国連事務総長などのスピーチがありました。会場は原爆犠牲者への哀悼と平和への祈りに場になりましたが、残念なことに、近くで排外主義者の団体の下品な声が聞こえてきたのは非常に残念です。
式典の後は、日本山妙法寺の方々の交流会に混ぜていただきました。みんな明るい方々で、私も楽しく過ごさせていただきました。夕方には原爆ドームの前の川で行われた灯籠流しを見てきました。とても綺麗でしたが、男一人で見に行くものじゃないなと思いました。

広島より~旅立ち

今日、私は旅に出ました。今回の目的地は広島、主な目的は平和記念式典に参加することです。羽田空港から岩国空港までの飛行機が遅れましたが、それ以外は概ね順調でした。岩国空港からバスに乗り、広島の新交通システムであるアストラムラインの電車に乗りました。夕食は広島焼き、お兄さんの鮮やかな手つきを見ながらビールを。幸せな時間でした。その後は平和祈念公園や原爆ドームを散策しました。原爆で焦土になった広島、今の美しい広島の姿から想像するのは難しいですが、そんな悲しい歴史を乗り越えてきたことは心にとめておかなければならないと思いました。

安倍晋三さんにききたい

 http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/20130730siji_fukushima.pdf

 上の文書は安倍晋三内閣総理大臣から、佐藤雄平福島県知事に対して出されたものであるが、これを見て、私は安晋三なる人物が怖くなった。この男は顔色一つ変えず平気で嘘がつける人物なのだと思った。この男は、先の参議院議員通常選挙で「風評被害の払しょく」を訴えていた。風評とは根拠のない、真実ではない噂のことである。しかし、上のリンクの文書のように、福島県の米、野菜、果実、淡水魚にはしっかり出荷制限をかけている。これが風評ですか?実害ではないのですか?安倍さんあなたは大嘘つきですよね。それともお腹だけではなく頭も弱いので理解できないのでしょうか?そして、福島県民のみなさんに言いたい、どうして「風評被害」などと言った候補者を当選させてしまったのですか。そんなにお金が大切ですか?大人のエゴの被害者は子どもですよ、そのことをよく考えて下さい。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ