« 広島より~旅立ち | トップページ | 福島県浜通りとの海の死亡宣告 »

広島より〜鎮魂の日に

今日は広島への原子爆弾の投下から68年目の日になりました。私は広島駅前で日本山妙法寺の方々と待ち合わせて平和公園に向かいました。私たちが会場に入った7時過ぎにはすでに会場は多くの人いっぱいでした。まずは原爆犠牲者慰霊碑に献花をしました。平和祈念式典では、松井一実広島市長、広島の子供の代表、安倍晋三内閣総理大臣、パン・ギブン国連事務総長などのスピーチがありました。会場は原爆犠牲者への哀悼と平和への祈りに場になりましたが、残念なことに、近くで排外主義者の団体の下品な声が聞こえてきたのは非常に残念です。
式典の後は、日本山妙法寺の方々の交流会に混ぜていただきました。みんな明るい方々で、私も楽しく過ごさせていただきました。夕方には原爆ドームの前の川で行われた灯籠流しを見てきました。とても綺麗でしたが、男一人で見に行くものじゃないなと思いました。

« 広島より~旅立ち | トップページ | 福島県浜通りとの海の死亡宣告 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりー
いつものことながらいい旅をしてきましたね。特に意味深い、大切なことを学びに行って、得るものが多かったのではないでしょうか。
私も26歳ぐらいの時に広島へ一人旅しました。
やはり一度原爆ドームや、平和記念公園を自分の目で見て、肌で感じたくて。
その当時の困難な状況や、たくさんの犠牲者などに思いを重ねるとやはり涙が出てきたのを今も覚えています。

私はその後、尾道をはじめしまなみ海道をわたり今治へ行きました。
あのキラキラとした瀬戸内海の輝きはいまもって忘れられません。

まっきー様、おひさしぶりです。やっぱり一度はみるべきものだと思います。ブログに土産話を載せていくのでしばしお待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島より~旅立ち | トップページ | 福島県浜通りとの海の死亡宣告 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ