2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 冬休みの教室で | トップページ | 餅つき »

人は歴史に学ぶもの

 今日、安倍総理大臣が靖国神社を参拝した。これに対し国内のメディアはおおむね好意的な報道をしたが、中国政府や韓国政府、在日アメリカ大使館からは非難や失望の声が上がっている。国内と海外で大きな意識の差があるが、これを私なりに考えてみたい。

 まずは靖国神社のなりたちを考えてみよう。この神社は、戊辰戦争の官軍側の犠牲者の戦死者を祀るために作られた。あくまでも官軍側、言い換えれば薩長側だけである。言い換えれば、旧幕府側や奥羽越列藩同盟側の戦死者は含まれない(西南戦争の薩摩側も同様の扱い)。敵味方に分かれたとはいえ、同じ日本人をこのように分けたことは私は問題だと考える。その後、陸軍省と海軍省によって祭事が統括され、国家神道の中心的な存在になった。西南戦争、日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争などの戦没者が祀られるようになる。これらの戦争で戦没し、靖国神社に祀られている方はおよそ250万人である。戦後は国家の管理から1宗教法人になり、他の神社との扱いの差はなくなった。戦後も東条英機らA級戦犯は靖国神社に祀られることはなかったが、1978年、当時の宮司によって合祀された。これ以降先帝陛下(昭和天皇)は靖国神社を参拝していない。これは、戦争を引き起こし、国の内外の多くの人の命を奪い、多くの人の身体と精神を傷つけた戦争を引き起こした責任を感じられ手のことだと思う。現在の天皇陛下もこの方針を引き継いでいる。そして、A級戦犯の合祀以降、総理大臣や閣僚の靖国神社参拝が外交問題に発展するようになった。

 もし、ドイツのメルケル首相がヒトラーの墓にお参りしたらどうだろうか。第二次世界大戦の交戦国であるポーランドやロシア、フランス、イギリスばかりでなく、多くの国から非難を浴びるだろう。戦争の悲惨な記憶は長く語り継がれるものだし、そのような人々の気持ちに配慮するのは国の指導者として当然のことだと思う。たとえば、アメリカの小浜大統領が、広島や長崎への原子爆弾の投下を正当化するような発言をしたらあなたはどう思うか。私は、日本人の一人として、発言の撤回と謝罪を求める。それは、原爆で大きな被害を受けた日本国民のひとりとして当然のことだと思う。太平洋戦争や日中戦争の原因は日本だけではないかもしれない、しかし、先に手を出したのは間違いなく日本だ、そしてその戦争の結果、日本国内のみならず、アジア・太平洋地区の広い範囲に惨禍があったのは間違いない事実である。その戦争を起こした人が戦犯に問われるのは、残念ながらやむをえないと思っている。

 最近、これまでの歴史認識や歴史教育を「自虐史観」だとして否定しようとする人が一般の国民だけでなく政治家にも増えてきた。やれ、大東亜戦争はアジア解放のための戦いだとか、大日本帝国軍は正義の軍隊だとか。もちろん、大東亜会議を行ったりして、形の上だけそうしようとした事はあるだろうが、やはり侵略戦争、しかも、弱小な列強であった日本が追い詰められて行ったみっともない戦争だと思っている。そして、日本国民に、アジア太平洋地区の人々に迷惑をかけた戦争であることは間違いないし、今でもそういう記憶を持った人やそういう記憶を受け継いでいる人がいる。安倍首相が行ったことは、配慮がなく、必要以上に対外関係を損ねて、結果的に国益を損ねる結果になったと思う。安倍首相はもっと歴史を謙虚に学んで行動をしてほしい。

« 冬休みの教室で | トップページ | 餅つき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬休みの教室で | トップページ | 餅つき »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ