« 年頭のあいさつ | トップページ | 祝 成人 »

この国はこんなに冷たくなったのか

 先日、東京都渋谷区にある宮下公園に行ってきた。渋谷駅東口から徒歩5分程度のいたって便利りな場所にあるこの公園には、JR山手線と明治通りに挟まれた狭い場所ながら、フットサルコート、ローラースケート場、クライミングの施設が整備されている。この公園で年末に耳を疑う出来事があった。都心部の公園ではよくあることだが、ホームレスがブルーシートなどを使って仮設の小屋を作り、住みついていることが問題となった。これに対し渋谷区は、年末に公園を封鎖し、住みついていたホームレスを退去させ、ホームレスへの食事提供をしている炊き出しを締め出した。

 公園は居住のための場所ではない、そんなことは私も百も承知だ。しかし、寒空の下住居を奪うのはあまりにも乱暴なやり方である。彼らの多くが好き好んでホームレスになったわけではない、職を失い、人とのつながりを失い、やむにやまれずホームレスになったのである。東京では公園や河川敷などに住むホームレスが多数いる。その中には女性もいる。そして、知的障害や精神障害などがあり、福祉や医療の支援を必要としている人もいる。これに対し、東京都の対応は冷たい、特に元都知事である石原慎太郎はホームレスへの理解をしようとする態度すら見せなかった。

 せめて、温かくなるまで待っても良かったのではないか、私はそう思う。そして2020年の東京オリンピックに向けて、ホームレスへのこのような仕打ちがさらに続くのではないかと懸念している。もう一度言いたい、彼らだって生きているんです、彼らだって人間なんです。どうか虫けらみたいな扱いはやめて下さい。

« 年頭のあいさつ | トップページ | 祝 成人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年頭のあいさつ | トップページ | 祝 成人 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ