« 明日は3.11 | トップページ | ホンダNーBOX・ヴェゼルに乗る »

「JAPANESE ONLY?」

 サッカーのJリーグの浦和レッズ・サガン鳥栖戦(8日 埼玉スタジアム)で、浦和のサポーターがスタジアムに「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げた問題で、Jリーグの村井チェアマンはホームゲーム1試合を無観客試合とする処分を下した。また、浦和レッズはこの横断幕を掲げたサポーターを無期限入場禁止にする方針を発表した。どちらも非常に妥当で好ましい対応だと思う。

 もっとも、少数者の人権に無関心な人にとっては、「これのどこが問題なの」ということになると思う。そこで、この問題に関する私の考えを少し述べてみたい。

 まず、サッカーという競技の特性である。日本で人気のあるスポーツには、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、柔道、相撲などがある。この中でもサッカーは抜きん出て国際性の強い競技であることがあげられる。たとえば野球はアメリカのほか、キューバ、ドミニカ、日本、韓国、台湾などで盛んであるが、これらの国は世界のごく一部にすぎない。しかし、サッカーは世界の多くの国で行われているスポーツであり、選手や指導者が国境を越えて移動するのはきわめて当然のことになっている。当然、日本のJリーグで活躍する外国人選手は多いし、観客だってそうだ。日本は1億2700万人の人口があるから、外国人の観客はごく一握りにすぎないが、彼らを排除することは絶対あってはならないし、許されることではない。むしろ、サッカーは日本の国際化の良い見本になれると私は思っている。

 もうひとつ引っかかるのは。「JAPANESE」という言葉である。このサポーターはどのような意味で「JAPANESE」という言葉を使ったのであろうか。国籍が日本人という意味であるか、それとも、日本語を理解できる人であろうか、それとも民族としての日本民族(大和民族)のことであろうか。社会科教員である私はこのことについてぜひ聞いてみたいと思う。いずれにせよ、自分、あるいは自分たちとは違う国籍の人、違う言葉を話す人、違う文化を持っている人を排除しようとする排外主義、悪い意味での民族主義的な考え方が感じられてならない。これが個人の家だったらそれは自由だが、スタジアムのような公共の場所でそのような考えを持つのは危険だし間違った考え方だと思う。

 「JAPANESE」という言葉を訳せば「日本人」になる。果たして日本人って何でしょうか?ぜひこのことをみんなに考えてもらいたいと思います。私は日本国籍を持たなくても、この国に住み、この国を生活の基盤としている人はみんな日本人だと思っています。在日韓国人、在日朝鮮人だって相応の権利を認められるべきだと思うし、日本国籍を持っている人の中にも北海道のアイヌや沖縄の人は、言語や文化、歴史的な背景から独立した民族だと考えるのが当然だと思っている。日本に住む人は思っているよりも多様だし、だからこの国は面白いのだと思う。最近少数者を差別したり、排除したりしようとする人がいるが、私はそのような動きには強く抗議していきたい。

« 明日は3.11 | トップページ | ホンダNーBOX・ヴェゼルに乗る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は3.11 | トップページ | ホンダNーBOX・ヴェゼルに乗る »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ