« いろいろな人に再会する | トップページ | どこに行こうかな »

どこの国にもどうしようもない人がいる

 4月16日(水)に韓国南西部の全羅南道珍島沖で仁川から済州島に向かっていたフェリーが転覆し、後に沈没した。この船には446名の乗客と30名の乗員が乗っていた。乗客のうち339名は修学旅行に向かう高校の生徒と教職員だった。今日の日中現在で生存者は174名、死者は29名、残りの273名が行方不明となっており、現場は潮流が速い海域であり、すでに事故発生から80時間が経過し、行方不明者の安否が非常に心配される状況である。この事故では様々な問題が浮き彫りになっている。まずは事故が発生したあとの乗員の対応である。多くの乗員は乗客夜も先に避難をしてしまった。そのため多くの乗客が転覆した船内に閉じ込められる結果になってしまった。また、このフェリーは2012年まで、鹿児島~奄美大島~徳之島~沖永良部島~与論島~那覇間の航路に就航して、その後韓国に売却され、客室部分を拡張する改造工事を行っているが、この改造により船の重心が上がり、急に舵を切った場合などの安定性が低下した可能性も考えられる。

 私が最も大きな問題だと思うのは、人の心である。それも韓国の人ではなく日本の人である。あるネット右翼は、この事故に関してこのように記述している。「大変素晴らしいニュースである。」この時点で私はため息をついた。しかし、その後の記述もひどい。「修学旅行中の高校生など数百人が行方不明になっているのだ。もっともただの沈没ならばそこまで喜ぶ必要はない。だが、まだ300人弱が行方不明になってるのだ。もしも全員が死んだとなるとワクワク感が止まらないのは当然だろう」その理由はこうである。「愛国者にとって韓国の不幸は最大の娯楽であり幸せである。そうでなければ愛国者を名乗ってはいけない。日本が好きなだけでは愛国者ではない、韓国を憎めないようでは愛国者を名乗る資格はないのである。だからこの事故を喜ばしいと思えないようではダメなのだ。さて、このような事故が起きた理由だがこれは反日に対する天罰以外に説明がつかない。韓国は数多くの反日行為をしてきた。したがってこのような事故が起きたのである」私は目眩がしてきた。別に韓国と言う国や韓国人をを嫌ってはいけないというのではない。人間相性はあるし、出会いの良しあしと言う者がある。しかし、同じ人間、私だって韓国の人の歴史認識には一言言いたい部分はある。だからと言って人の命がかかった場面で言っていいことと悪いことはある。もちろん、韓国にもどうしようもない人はいる、何かあると日の丸を燃やしたり、日本人や日本文化を侮辱するような言動をする人がいる。だからと言って、私たち日本人のごく一部のどうしようもない人たちが同じようなことをするのは許せない、私に言わせればどちらも人間の屑と言うべきだと思う。今はこの事故で亡くなった人、行方不明になった人、心や体に傷を負った人のために祈るべき時だと思う。それができないのなら沈黙するべきだと思う。


« いろいろな人に再会する | トップページ | どこに行こうかな »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

同感します。反日のニュースを聞くたびに「残念」な思いになります。韓国や中国の国家教育、政治体制、システムには確かに疑問を感じざるを得ません。「ライダイハン」にしても「慰安婦の本当の真実」にしても思うことはあります。やえもんさんと同じ意見です。日本人としてキチンと教育を受け、真実をとらえることのできる我々は『人様の不幸を喜ぶようなこと』はおかしいと思います。人様の不幸を喜ぶ方々はそれこそ韓国の、中国のどうしようもない人たちと同じレベルになってしまいます。親という立場の一人として今回の事故には残念に思い、亡くなられた方に黙祷いたします。

 せんぱいさん、お返事ありがとうございます。家族や友人を思う地餅に国境や民族の違いがあるわけがありません。まずは人間として正しくありたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろな人に再会する | トップページ | どこに行こうかな »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ