« 超高速!参勤交代 湯長谷陣屋の歩き方 | トップページ | 今夜はライトダウン »

この人を信じる人、いないですよね

 安倍晋三首相は1日夕、憲法解釈を変えて集団的自衛権行使を可能にする閣議決定をしたことを受け、首相官邸で記者会見した。戦後日本の安全保障政策の大転換だが、首相は「武力行使が許されるのは、自衛のための必要最低限度。従来の憲法解釈の基本的な考え方は何ら変わるところはない」と強調した。


 集団的自衛権を使えば、密接な関係にある他国が攻撃された場合に武力を使って反撃できるようになるが、首相は「外国を守るために日本が戦争に巻き込まれるという誤解がある。しかし、そのようなこともありえない。憲法が許すのは、あくまで我が国の存立を全うし国民を守るための自衛の措置だけだ。外国の防衛それ自体を目的とする武力行使は今後とも行わない。今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」と強調した。


 また、首相は「閣議決定をふまえ、関連法案の作成チームを立ち上げ、直ちに作業を開始したい。準備ができ次第、国会に法案を提出し、ご審議いただきたい」と述べ、国会審議などで国民の理解を得たいとの意向を示した。(朝日新聞デジタル)

 私なりに問題点をまとめると

 1、法治国家にとって最高法規である憲法の解釈を、内閣が勝手に決めていいのか。本来なら憲法改正が必要な問題であり、主権者である国民を無視した独裁的行為である。

 2 もし、内閣が恣意的に憲法解釈を変えられるのなら、例えば憲法第25条を死文化して、国民が文化的な生活を送る権利(生存権)を侵害すること、第21条を死文化して、集会や結社、言論の自由を奪い、自由にものが言えない、そればかりか、電話の盗聴や手紙やメールの検閲、このブログのように政権を批判するブログは即刻閉鎖という非常に息苦しい社会にすることも内閣の意思次第になってしまう。

 3 その内閣の首班たる安倍信三がとんでもない嘘つきであること。東京オリンピックの招致に当たっては、御泉水はコントロールされているという嘘をついた。上の朝日新聞デジタルの記事を読んでほしい、これを信じられる人はいるでしょうか。

 したがって、安倍が取るべき道はただ一つ、内閣総辞職である。

« 超高速!参勤交代 湯長谷陣屋の歩き方 | トップページ | 今夜はライトダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超高速!参勤交代 湯長谷陣屋の歩き方 | トップページ | 今夜はライトダウン »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ