2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« めまいがしてきた | トップページ | 正体不明の「白票キャンペーン」 »

あのころのCD

 私が20歳前後にもっともよく聞いていた音楽はカーペンターズだった。当時仲の良かった女性の友人の勧めで聞いたら、一発で気に入ってしまった。とはいえ、学生の私にCDは高くてなかなか手が出なかったから、人からCDを借りてカセットテープにダビングして聞いていた。好きな曲は、「愛のプレリュード」、「遥かなる影」、「雨の日と月曜日は」、「イエスタデイ・ワンス・モア」などであった。20歳から26歳ぐらいまでの私は、夜寝る前、帰宅してコーヒーを飲みながら、ヴォーカルのカレン・カーペンターの澄み切った湖水のような美しい歌声に魅了されていた。
 先日、学生時代の友人(私にカーペンターズを教えてくれた人とは別の人)に会いに行った帰り、久しぶりにクルマおオーディオでカーペンターズの曲を聞いてみた。持っていったCDは、カーペンターズの最初のアルバム、「涙の乗車券」と、中期のアルバム「緑の地平線~ホライズン」。いいものは時代を超えて聞いてもやっぱりいいなぁ~と感じた。また、私にとってなつかしい時代に戻りたいとき、カレン・カーペンターの歌声を聞いてみようと思う。

« めまいがしてきた | トップページ | 正体不明の「白票キャンペーン」 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めまいがしてきた | トップページ | 正体不明の「白票キャンペーン」 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ