« 甘く見たらいかんぜよ(坂本竜馬風に) | トップページ | 総選挙、誰に投票しよう? »

私は天の邪鬼なのか?

 福島県は、太平洋側のいわき市、南相馬市、相馬市などの地方が「浜通り」、阿武隈山地と奥羽山地にはさまれた盆地にある、福島市、郡山市、白河市などが「中通り」、奥羽山脈以西の会津若松市、喜多方市、南会津町が「会津地方」と呼ばれている。この区分は気候や人々の気質、交通網などの説明をするときに非常に便利で、福島県を理解するための重要なキーワードになっている。

 このうち浜通りには、南北を縦貫する交通機関として、JR常磐線、常磐自動車道、国道6号線が走っており、首都圏と東北地方を結ぶ重要な交通機関であった。浜通り回りのメリットは、これからの時期に生きてくる。中通り経由の東北本線や東北自動車道、国道4号線は、栃木県那須塩原市~福島県白河市、福島県二本松市~福島市~宮城県白石市間などに急こう配やカーブが多い。また冬季は雪の影響を受けやすい。一方浜通り経由の路線はこう配や株が少なく、雪の影響も受けにくい。かつて、東京都の上野駅と青森を結ぶ特急列車や急行列車の多くは常磐線経由だったし、冬には国道6号線がトラック街道になることもあった。いうなれば、大動脈であったのである。

 2011年3月11日の東日本大震災と、東京電力福島第一発電所の事故により、これらの交通機関は大きなダメージを受け、2014年9月14日時点での各交通機関の状況は以下の通りであった。
 ○常磐線上野~水戸~いわき~竜田(楢葉町)間で列車の運転を行う。また、原ノ町~相馬間で列車の運転を行う。相馬~浜吉田(宮城県山元町)~亘理間で代行バスの運転を行っている。また、浜吉田~亘理~仙台間で列車の運転を行っている。(相馬~浜吉田間は津波の被害による運休)
 ○常磐自動車道は、三郷~水戸~いわき中央~広野間が通行可能。広野~常磐富岡間が原発事故による通行止め。常磐富岡~浪江~南相馬間は未開通。南相馬~相馬間は通行可能。相馬~山元間は未開通。山元~亘理間は通行可能になっている。
 ○国道6号線は、東京都中央区の日本橋から、水戸市、いわき市を経て、富岡町新夜の森まで通行可。新夜の森から浪江町高瀬までが一般車通行不可、浪江町高瀬から南相馬市を経て仙台市宮城野区まで通行化になっている。

 2014年2月22日には常磐自動車道広野~常磐富岡間が通行できるようになった。2014年9月15日に国道6号線は富岡町新夜の森から浪江町高瀬までが4輪の自動車に限って条件付きで通行可能になった。これにより、国道6号線は全線開通した。また、来年2月にはJR東日本は竜田駅から原ノ町までの代行バスを運転すると発表した。これで常磐線も代行バスを挟む形にはあるがいちおう運転再開と言う形になる。来年3月には常磐自動車道常磐富岡~浪江間が開通し、常磐自動車道の三郷~亘理間が全線開通の運びになる。

 ここまで書いて、あら、よかったんじゃないですか、これで福島県の復興が進むのではないですかと考える方もいらっしゃると思います。しかし、私には到底そう思えない。原発からは相変わらず放射性物質の拡散が続き、汚染水問題は一向に解決のめどが立たず、福島県内には放射線量が極めて高い地域が残る。このような状況で、道路か開通させて本当に良いのだろうかと思う。道路工事にあたった方々の安全は守られるのだろうか、職業ドライバーなどで頻繁に通る方の健康は大丈夫なのか、事故や故障で原発から2km程度のところで立ち往生したクルマに乗っている人の健康は大丈夫なのだろうか。これらの問題が解決していないのに、見切り発車的に道路の開通を磯く国や県の姿勢はおかしいと思う。私は天の邪鬼と言われてもいい、アカと言われてもいい、放射脳と言われてもいい、おかしいことにはこれからも抗議していきたい。
 

« 甘く見たらいかんぜよ(坂本竜馬風に) | トップページ | 総選挙、誰に投票しよう? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘く見たらいかんぜよ(坂本竜馬風に) | トップページ | 総選挙、誰に投票しよう? »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ