2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2370円の小さな旅~青春18きっぷ | トップページ | 2015年3月14日 JRダイヤ改正について(水戸支社) »

冬の旅なら列島横断

 日本列島は夏は縮んで冬には伸びる、そんなことを言われてもピンとこない方が多いと思われるので、実例を示したいと思います。日本最北端の都道府県庁所在地は札幌、最南端の都道府県庁所在地は那覇です。夏の8月の札幌の平均気温は22.3℃、一方那覇の平均気温は28.7℃、その差は6.4℃。冬の1月の札幌の平均気温はー3.6℃、一方那覇の平均気温は17.0℃、その差は20.6℃。気温の差が大きくなるということはそれだけ各地の気候の特徴がはっきり出るということで、言い換えれば日本列島が広がったような効果があるといってもいいでしょう。その上、日本の場合には日本海側の豪雪という特殊事情もあります。冬は寒くて日が短いけれど冬の旅にもいいことはあるのです。

 先週の土曜日、私は列車でいわきから喜多方まで行ってきました。同じ福島県ながら、多彩な景色と気候を堪能できました。
 いわき駅は快晴、東北の冬というと雪が降って寒いイメージをもたれる方が多いと思いますが、風は冷たいものの関東の空です。磐越東線の列車に乗り郡山に向かいます。いわきと郡山の中間の小野新町から徐々に雲が出てきます。阿武隈山地はさほど高くない山ですが、それでも気温は下がり、列車の窓は真っ白になります。終点の郡山に着くと空は雲に覆われ、ちらちら雪が降ってきます。
 郡山駅からは磐越西線の快速列車。郡山の市街地を抜け、安子ヶ島からは雪が積もり始めます。中山峠を登ると雪景色です。会津若松からはさらに列車の乗り継ぎ、雪が降る喜多方の町を歩き、ラーメンを味わいました。寒い喜多方の町で食べるラーメンはひときわ美味しかったです。

 これは1例ですが、列島を横断するように移動すると比較的近距離で全然別の景色を見ることができます。たとえば仙台からだったら仙山線に乗って山形に行くといいし、東京からだったら、高崎線・上越線で越後湯沢に行くといい、大阪からだったら福知山線で舞鶴や天橋立に行くといい。そんな日本を広く感じることのできる旅、冬限定です。みなさん、いかがですか?

« 2370円の小さな旅~青春18きっぷ | トップページ | 2015年3月14日 JRダイヤ改正について(水戸支社) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2370円の小さな旅~青春18きっぷ | トップページ | 2015年3月14日 JRダイヤ改正について(水戸支社) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ