« 元気だったなぁ! | トップページ | ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)設立 »

昔の時刻表から時代を読む~① 序章

 女性から見ると男性の収集癖とは理解に苦しむものであるらしい。昔読んだ漫画、車のカタログ、飛行機や船のミニチュア、使用済みの切符等、収集癖のある男性は多いと思う。私の場合は紀行作家である宮脇俊三氏の著書と昔の時刻表を集めている。そんな昔の時刻表を見ながら、ちらりと透けて見える時代を読み取ってみたいと思う。

 JTB時刻表、2009年5月号を手に取る。まず表紙に注目する。大きく「おかげさまで1000号」と書かれている。日本に鉄道が開業したのは1872年、1894年には早くも月間の「汽車汽船旅行案内」という時刻表が発行されている。この時刻表には福沢諭吉のアドバイスがあったそうである。1925年には現在の「JTB時刻表」の前身である 、「汽車時間表」が日本旅行文化協会から発行されている。戦時中は時刻表の発行もままらなない時期もあったが、戦後いち早く復活し、現在まで続いている。最近ではスマートフォンやPCからインターネットの時刻表を見る人も増えてきたが、いまだに紙のの時刻表を愛用する人も多い。私もその一つだ。私は1925年(大正14年)4月号の「汽車時間表」から2015年3月号の「JTB時刻表」まで、数年おきの時刻表を持っているので、これを見ながら近代史を見てみたいと思う。

« 元気だったなぁ! | トップページ | ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)設立 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気だったなぁ! | トップページ | ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)設立 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ