2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 昔の時刻表から時代を読む~① 序章 | トップページ | 歴史を知らないことは怖いこと »

ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)設立

 今日、福島県二本松市で、ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)の設立集会があった。福島原発告訴団、飯舘村民救済申立団、福島原発被害山木屋原告団、子ども脱被ばく裁判の会などの東京電力福島第一原発事故によって被害を受けた住民の権利の保障、故郷や仕事等を失ったことに対する補償、国や東京電力に対して責任を認めさせること、子どもの安全な地域への避難・疎開を求めて裁判等に訴えている団体が大同団結を図ることになった。

 今回の設立集会のチラシに書かれていた言葉が素晴らしいので、ここに引用します。
 「原発事故から5年目、原発事故被害者が垣根を越えてつながり、力を合わせて謝罪と賠償を勝ち取ろう!
医療保障や被曝低減策を求めよう!
事故の責任を追及しよう!
私たちはバラバラにされない。
生きる尊厳を取り戻す。
つないだ手を離さない。」

 私もこの事故の被害者の1人であり、原発事故発生より4年がたち健康に対して重大な不安を抱いている。東京電力はいまだ十分な謝罪をしていないし、国も原子力政策を進めてきた責任を認めようとしない。そうしている間に、事故当時の子どもたちに甲状腺がんが多数発生しており、去年からの交通事故の多発は、原発事故との関連があるのではないかと思っている。私もこの輪の中に入り、謝罪と補償、そして健康被害の実態把握と子どもたちの保養と避難を実現するまではつないだ手は決して離さないつもりだ。

 ひだんれんホームページ
http://hidanren.blogspot.jp/

« 昔の時刻表から時代を読む~① 序章 | トップページ | 歴史を知らないことは怖いこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔の時刻表から時代を読む~① 序章 | トップページ | 歴史を知らないことは怖いこと »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ