« 歴史を知らないことは怖いこと | トップページ | この人は本当に愛国者なのでしょうか? »

首都高デビューしませんか?

 クルマに乗るのが好きな人でも、首都高速道路(首都高)は苦手だという人が多い。ルートが複雑だ、どこを走っているのかわかりにくい、渋滞が多い、カーブが多い、そんな理由の方が多い。しかし、首都高はうまく使えばなかなか便利なもであるし、運転自体も楽しい道路である。近年は圏央道や首都高の中央環状線などの整備で、渋滞自体も減ってきている。この機会に首都高デビューをしませんか?私から何点かアドバイスをしたいと思います。

1 ドアミラーやルームミラーを合わせよう

 これは走る前に必ず行ってください。首都高速に限ったことではありませんが、よく見ることが安全運転には最も大事です。ドアミラーの調整の仕方は車種によって違いがあるので、取扱説明書をご覧ください。私の場合、ドアミラーは左右の4分の1程度に自分のボディが映る程度、上3分の1くらいは空が映る程度に調節しています。このあたりは好みがあると思いますので、平地の安全な場所でいろいろ調整してみて下さい。

2 大まかにルートを覚えよう

 首都高速の標識には「6 三郷」や「C1 三宅坂」などの表示があります。首都高速道路を走るには、この路線記号と途中経由するジャンクション名を覚えておくと便利です。できれば詳細なマップを手に入れて、「○○ジャンクションまでは左側の車線がいいな」などの情報を得ておくと便利です。最近はカーナビの性能も上がったので、頼りになる見方だと思います。

3 視野は広く

 首都高速に限らず、運転中は1点を集中してみるのは危険です。走りなれない道だと不安なこともあるかもしれませんが、出来るだけ広い視野を持ち、周囲の交通の状況に注意しましょう。

4 加速は思い切って

 首都高速は加速車線が非常に短いことがあります。加速はできるだけ思い切って加速して、走行車線の流れと近い速度まで加速すると案外楽に合流できます。

5 それでも不安なら…

 1号上野線や2号目黒線など交通量の少ない道路で練習をするといいでしょう。

 参考になるサイトです「首都高ドライバーズサイト」
  http://www.shutoko.jp/

« 歴史を知らないことは怖いこと | トップページ | この人は本当に愛国者なのでしょうか? »

クルマ・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史を知らないことは怖いこと | トップページ | この人は本当に愛国者なのでしょうか? »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ