2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 祈り | トップページ | 今年の夏は »

間接民主制のオキテ

 直接民主制と間接民主制という言葉は聞いたことがある人もいるかもしれません。その違いは何でしょうか?簡単にまとめてみようと思います。直接民主制とは、代表者などを介さずに、住民が直接所属する共同体の意思決定に参加し、その意思を反映させる政治制度である。簡単にいえば、集会所か公民館に成人が集まって、わいわいがやがやみんなで討論や多数決などをして意思決定をすること。これに対して間接民主制とは、選挙などのある一定の方法によって民意の代表者を選出し、自らの権力の行使をその代表者に信託することで、間接的に政治に参加しその意思を反映させる政治制度である。日本の場合は、国会議員(衆議院・参議院)、都道府県知事、都道府県議会議員、市町村・特別区首長、市町村長・特別区議会議員を選挙で選んでいる。国会議員を代議士ということがあるが、国民の代表として国民に代わって国に関することを討議する人という意味である。内閣総理大臣を私たちは直接選ぶことはできないが、国民から選ばれた国会議員の投票で選ばれるので、間接的には国民が無い国総理大臣を選んでいるともいえる。

 日本のような人口の多い国では直接民主制で国を運営することは困難だから、選挙を通じた間接民主制で国を運営している。最近、間接民主制の意義を真衣がえている人がいる。その代表が安倍内閣総理大臣と橋下大阪市長である。2人とも選挙で選ばれた国民(あるいは大阪市民)の代表である。選挙で選ばれたからと言って、何をしてもいいわけではない。自分の思いを押し通せばそれでいいわけではない。国民や市民の声に耳を傾けなければならないし、野党の声に耳を傾けなければならない。それが嫌なら即刻辞任すべきであろうと思う。本当のリーダーシップはかたなで強引なことではない、じなやかでフレキシブルなものである。

« 祈り | トップページ | 今年の夏は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祈り | トップページ | 今年の夏は »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ