2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 自転車でGo? | トップページ | クルマから見える現在・過去・未来 »

日韓関係を危惧する

 ドイツのボンで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日午後3時(日本時間同10時)から、日本が世界文化遺産に推薦する「明治日本の産業革命遺産」の登録について審議する。当初、審議は4日に予定されていたが、意見陳述の内容などを巡り日本と韓国の間で調整がつかず、新規案件の審議期間の最終日である5日に延期された。韓国は産業革命遺産について「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」として登録に反対していた。6月の日韓外相会談で互いの推薦案件の登録に向け相互協力することで合意したが、今回、徴用をどう説明するかで日韓間の協議が長引いたとみられる。調整に関わった日本政府関係者は「世界遺産には認定される」との見通しを示した。

 韓国政府は戦時中、産業革命遺産の23施設のうち7施設に朝鮮半島出身者約5万8000人が送られ、働かされたと主張。徴用に言及する形での施設の説明などを求めていた。一方、日本は「1850年代から1910年までが遺産の対象年代で、時代が異なる」と反論し、日韓外相会談まで主張は平行線をたどっていた。

 世界遺産委員会は日韓を含む21カ国で構成。審議は通常、推薦国の説明の後、他の委員国が意見を述べ合う。韓国メディアの報道によると、韓国側が産業革命遺産に対し発言する内容に日本側が反発していた(引用 毎日新聞)

 とかく近所付き合いは難しい。近所であればお互いの良い面、悪い面がまるわかりになってしまう。最近日本と韓国、日本と中国の関係がぎくしゃくしている原因は、私に言わせればご近所だからだと思う。ご近所であれば、付き合いの歴史も長いし、行き来する人の数も多い、なにかと相手の文化や生活習慣に触れる機会も多い。そのなかで、お互い気に障ることだってあるのも当然だとおもう。世の中完璧な人はいないし、完璧な文化もない。そんな中で、日韓とも一部のコンプレックスの強い者が大声で相手のことをののしっているから、それがまるで多くの意見のように見えてしまうこともある。そんな状態だから、日韓の政治家や事務方も自国の世論を気にして後に引けなくなっているのではないかと思う。極端な意見を言う者の声には、もう少し冷静になって、腹を割って話し合いましょう。そうすればもう少しわだかまりの無い関係になれるのではないかと思う。どんなに頑張っても日本列島を引きずって朝鮮半島から遠ざけることはできないのだから。

« 自転車でGo? | トップページ | クルマから見える現在・過去・未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車でGo? | トップページ | クルマから見える現在・過去・未来 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ