« 岸壁のやえもん | トップページ | 旅の終わり »

鳥取より

8月の鳥取は午前8時前から強い日差しが降り注いでいた。駅前のレンタカー営業所でレンタカーを借りた。一昨日の舞鶴はホンダ・フィット(ガソリン車)、そして今日はマツダ・デミオ。いずれもコンパクトカーの中では売れ筋だが、パッケージングに着いての考え方はずいぶん異なる。レンタカーで色々な車を乗り比べるとなんとなくだがそれぞれのクルマの長所、短所が分かるようになってくる。それがクルマ好きとしての幸せなことではある。

鳥取の市街地を抜け、岩美から海岸線に出る。この海岸を富浦海岸という。日本海の波に削られて、断崖や小島がたくさんあり景色がいい。港から遊覧船に乗り、海から眺める。豪快にして繊細な景色である。海の庭園と言ってもいいかもしれない。

次いで、鳥取砂丘に行く。砂丘と砂漠の違いを押さえておきたい。砂漠は雨が少ないことにより(もう少し厳密に言うと降水量が乾燥限界以下になると…福島県郡山市の場合、現在の降水量の3割以下になると)樹林が育たないで砂漠になる。一方砂丘は、山や海岸線から削られた砂が、海流や風によって集められたのが砂丘である。暑いが、ここまで来たからには砂丘を歩いてみたい。靴が砂に埋まって歩きにくいがそれでも前に進む。大きな砂丘だが、中央部にはオアシスがあり、湧き水の周りは草原になっている。自然は本当に面白いものを作ったものだと思う。

その後、国道9号線をにしに進み、白兎神社に行く。因幡の白兎の神話の舞台である。神社を参拝し、すぐ目の前の海を見る。こちらは穏やかな砂浜で、海水浴をじている人もいる。そのご、鳥取県立博物館に行き、それでもレンタカーの返却時間に余裕があったので、鳥取市の郊外にある湖山池の周りをクルマで一周した。夜は、この時期の味覚である白イカの刺身を肴にビールを飲んだ。甘味のあるイカで、ビールが大いに進んだ。

« 岸壁のやえもん | トップページ | 旅の終わり »

クルマ・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

鳥取砂丘は私も訪ねてみたい所の一つです。
デミオは現行型ですか?
走りはいかがでしたか?

これから行く機会があると思います。
デミオは現行型でした。少しペースを上げると思ったようにスパッと曲がってくれます。ミッションとエンジンの相性なのか、低速でシフトアップがやや早すぎるので、そこを直せばより気持ち良く走れると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸壁のやえもん | トップページ | 旅の終わり »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ