« 茶番劇? | トップページ | 福島県いわき市から交通を考える 1 »

安部晋三、犬になる

 安全保養関連法案は、参議院本会議で可決された。これにより安倍晋三総理は祖父の岸信介元総理以来の念願であったアメリカの犬になることになった。今は幸せの絶頂にいることだろう。私はプライドの高い人間だから、他人や他国の犬になり下がるようなことは決して潔しとしないが、安倍のようなプライドもヘッタクレもない人間はへりくだって犬になることに何のためらいもいらないのであろう。

 もっとも、自衛隊員をはじめ、多くの国民にとっては悲劇の始まりである。この法案によって、後方支援という形で、アメリカの手下として世界戦略とやらに付き合わされ、多くの自衛隊員が戦場に散るようになるだろう。一般の人も無縁ではない。直接戦場に立たなくても、戦争にかかわることになるかもしれない。そして、アメリカの犬として戦争に付き合えば、多くの人から恨みを買い、9.11のようなテロの標的になるかもしれない。

 この法案に反対してきた人は、今の怒りを忘れてはいけない。最も安倍総理が恐れている方法で反撃をするときである。そう、選挙でこの法案に賛成した議員や政党を痛い目に会わせてやるのだ。この法案に反対してきた人たち、国会で叩かてきた議員たち、手をつないで何があってもその手を離してはならない、戦いの本番はこれからなのだから。

« 茶番劇? | トップページ | 福島県いわき市から交通を考える 1 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茶番劇? | トップページ | 福島県いわき市から交通を考える 1 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ