2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 冬が来た | トップページ | 仙台市地下鉄東西線 »

この人らしいな

 麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。また、「月に一千数百万円かかるという現実を厚生労働省は一番よく知っている」とも述べ、財政負担が重い現実を指摘した。(産経ニュース)

 医療費の負担が重いことはよくわかります。人工呼吸器やたくさんの管につながれて生きている人の姿を見るのはつらいです。私は尊厳死についても検討されるべきだと思っています。でも、この発言は許せない。麻生氏は金がもったいないから命の問題はどうでもいいと言っているようにしか思えない。命の問題、心の問題は、そんなに軽いものではありません。麻生氏だけななく、石原慎太郎氏や橋下徹氏など、この発言と同じような無神経な発言をすることがありますが、こういう人たちは弱い立場の人などどうでもいいのでしょうね。そしてこういう人たちを支持する人は自分が弱者の立場に立つこともあり得るという想像力に欠ける人なのでしょうね。

« 冬が来た | トップページ | 仙台市地下鉄東西線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

なんだかこの方は失言が多い気が。
いかにも政治家体質という感じがするが。

 失言というのは、要するに、よく考えないで本音を言ってしまうことなんですよね。本音を包み隠さず言える麻生さんは、その辺のおっちゃんとしてはいい人なのかもしれませんが、政治家としては問題がありすぎますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬が来た | トップページ | 仙台市地下鉄東西線 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ