« 東京モーターショー2015 ③ | トップページ | ミラーレス車が走る »

あなたもこうなるかも


 三上さん、38歳。三上さんには家がない。
 東京と埼玉でデリヘル(派遣型性風俗サービス)を展開する風俗店「池袋デッドボール」に勤めている。顧客から指名が入るまでの「待機部屋」が、三上さんの “自宅”だ。繁華街の片隅にあるマンションの一室。5人も入れば手狭になる1DKで一日を過ごす。仕事以外の用事で外出することはほとんどない。給料は歩合制だ。客が支払う6000円から1万円ほどの料金から店が仲介料を取った残りが、女性たちの手元に入る。仕事が多く入れば1日2万~3万円を稼ぐことも可能だが、収入ゼロの日も多い。

 三上さんが風俗業界に入ったのは16年前。23歳だった。以前はスーパーの店員として働いていた。初めての一人暮らしで、家賃や生活費をまかなうので精一杯。洋服代や遊興費を工面するために軽い気持ちで消費者金融に手を出した。額は多くはなかったが、借り入れは毎月続き、利子はどんどん積み上がった。決定打は、友人からカネを貸してほしいとせがまれ、数十万円を融通したことだ。すぐに友人は音信不通に。三上さんの借金の総額は400万円以上にもなっていた。スーパー店員の稼ぎだけでは到底返済できない。スーパーを辞め、風俗に足を踏み入れた。「自分が悪いのはよくわかっています。でも、親兄弟を頼ることはできませんでした。当時の私には、風俗しかなかった」

  (Yahooニュース 路上にいないホームレス女性たちの「見えない貧困」より引用)

 リンク http://news.yahoo.co.jp/feature/79

 ホームレスになる。あなたは考えたことがありますか?よほどの大金持ちでない限り、この国でいう「中流」と呼ばれている大多数の人にとって、経済的基盤や家族や友人の支えを失う、心身の健康を害する。そんな理由でホームレスに転落するのは案外あっけないものだと思う。この記事に取り上げられている三上さんも、決して
なりたくてこうなったわけではない。もっと考えてみませんか、この国で増えている貧困にあえぐ人のことを。

 私も2人、ホームレスになってしまった男性と、ホームレスへの転落が危惧される女性を知っています。知っているといっても、直接会って話をしたわけではなく、彼らのブログを通じてです。ホームレスになった男性はサラリーマンをしていましたが、職場にうまく適応できずホームレスになってしまいました。ホームレスになってからは、持ち前の明るさで先輩方から可愛がられているようですが、記事の端々に生活の厳しさや気持ちのすさみが感じられます。もうホームレス生活も5年を超え、心身の健康が非常に心配です。ホームレスへの転落が危惧される女性は、奨学金の返済が重荷となり、経済的には綱渡り状態です。家族からの支援はほぼ期待できない家庭環境で、派遣社員としての収入が頼みの綱ですが、派遣切りの危機に、食生活などは非常に貧しく、健康状態の維持も困難な状態であると想像されます。

« 東京モーターショー2015 ③ | トップページ | ミラーレス車が走る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京モーターショー2015 ③ | トップページ | ミラーレス車が走る »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ