« ゲゲゲの旦那、帰る | トップページ | 冬支度 »

欅の木になろう

 先日、6歳の甥と4歳の姪が通う幼稚園の「お遊戯会」があった。足が速く運動神経のいい甥は、日本舞踊や劇でr一派に演技をした。姪は他の子供よりゆっくり成長する子供で、歩き始めるのも言葉が出始めるのもずいぶん遅くなった。だから、幼稚園に行き始める時にはずいぶん心配したが、行ってみれば、幼稚園の先生方の献身的な指導があったことともあり、幼稚園ライフを楽しんでいるようだった。今回、観客席から、姪の演技をはらはらしながら見ていた。姪は歌とお遊戯に出た、歌は上手には歌えないだろうが、手を叩きながらみんなと楽しく歌っているようなのでよかった。お遊戯は、ちょっと時々遅れながらも、一生懸命身体を動かしていた。見ているうちに目頭が熱くなってきた。ここまで4年間の出来事が思い出された。生まれたばかりのこと、初めてはいはいしたとこのこと、はじめて歩いた時のこと、これからもゆっくりでいいから確実に成長してほしい。欅の苗木が、地中に根を張り、幹を太らせ、枝を伸ばし、葉を茂らせるように。転んでしまった時には少しだけ手を貸し、道に迷ってしまった時には一緒に考え、それが伯父としてできる数少ないことでしょうか。

« ゲゲゲの旦那、帰る | トップページ | 冬支度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲゲゲの旦那、帰る | トップページ | 冬支度 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ