« ミラーレス車が走る | トップページ | もうすぐ冬休み »

オリンピック税 15,000円也

 5年後のオリンピック・パラリンピックに向けて組織委員会が準備や運営に必要な費用を試算したところ、およそ1兆8000億円と当初の見込みの6倍に上り、組織委員会の財源だけでは大幅に不足することが分かりました。不足分は東京都や国が補填(ほてん)することになっていて、今後、公的な財政負担がどこまで膨らむのかが焦点になります。
 組織委員会が5年後の大会の準備や運営を行うのに必要な費用は立候補段階では3000億円程度と見込まれていましたが、関係者によりますと組織委員会が先月新たに試算したところ、当初の見込みの6倍にあたるおよそ1兆8000億円に上ることが分かりました。内訳は、仮設の競技会場の整備費などが3000億円、会場に利用する施設の賃借料などが2700億円、警備会社への委託費などセキュリティー関連の費用が2000億円、首都高速道路に専用レーンを設けるための営業補償費など選手や大会関係者の輸送に関する経費が1800億円などとなっています。費用の大幅な増加は、首都高の営業補償など当初、想定していなかった経費が加わったことや、資材や人件費の高騰なども要因だということですが、立候補段階での見通しの甘さが浮き彫りになった形です。
 一方、組織委員会がチケット収入やスポンサー企業などから集められる資金は4500億円程度と見込まれ、このままでは1兆円以上が不足します。組織委員会は経費の削減とともに東京都や国の事業として実施できるものがないか検討を進めることにしていて、最終的に不足分を補填することになる都や国の財政負担が、今後どこまで膨らむのかが焦点になります。
.                          (引用 NHKニュース)

 日本の国債残高は、1000兆円を超え、ギリシャも真っ青の世界最悪の水準にあります。日本の国債残高は、GDPのおよそ2.5倍、一方財政破たんしたギリシャの国債残高はおよそ1.7倍、どちらがより深刻かは言うまでもありません。また、日本は人口減少により、長期的にGDPの伸びは期待できません。しかも、お金に関する見通しは、たいてい終わってみればより悪化するもの。この状態で東京オリンピックを開催することは将来の世代に深刻なツケを残すことにほかなりません。悪いことを言わないから、今すぐ開催を中止しましょう。それとも、見栄張ってオリンピックを開催しますか。2020年時点で20歳以上の国民に1人15,000円のオリンピック税でも払ってもらえば開催できそうですが。

« ミラーレス車が走る | トップページ | もうすぐ冬休み »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

凄い金額ですね・・・
オリンピックのことにエネルギーを注ぎすぎてるのではないかと思ってしまいます。
もっと負担を軽くすることはできないのでしょうか。

オリンピックが、安倍新三などの政治家や建設会社や広告会社などのもうけが第一になっているところが何よりの問題なのだと思います。このままいくと、本当にオリンピック反対運動がもりあがるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラーレス車が走る | トップページ | もうすぐ冬休み »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ