« オリンピック、どうにかなりませんか? | トップページ | 仙台市地下鉄東西線に乗って »

空に太陽があるかぎり

今日は宮城県の東松島市の野蒜(のびる)と、女川町に行ってきました。目的は、東日本大震災で大きな被害を受けた地域が、今どうなっているか、福島県と違う実情があるのかを見るためです。

仙台駅から快速列車にのり、真新しい野蒜駅でおりた。駅前には1軒の建物もない。それもそのはずで、野蒜駅周辺は東日本大震災の津波で大きな被害を受け、高台に移転する計画があり、まずは、仙石線の線路と野蒜駅が移転し、追って住宅地も移転することになっている。今は仮設住宅に住んでいるのだろうが、数年後、新しい野蒜の集落での生活が始まった時に、本当の意味での日常が戻ってくるのだと思う。
再び仙石線の電車に乗り、石巻で、女川行きのディーゼルカーに乗り換える。静かな万石浦を右に見ながら浦宿に着く。ここから女川までが東日本大震災の津波で大きな被害を受けた区間である。トンネルを抜けると真新しい女川駅が見えてきました。女川駅は、温泉施設を併設した大きな建物に生まれ変わっていました。駅前には商店街ができ、クルマを排除した広い通りの両側には、木造の店が並んでいた。その中には、最近テレビで話題になったダンボール製のランボルギーニのそっくりさん、ダンボールギーニも展示されていた。私はダンボールギー二を見たり、サンマを練りこんだパンを買って食べたりのんびり過ごした。もっとも、建物が並んでいるのは駅の前の一部だけで、ほとんどは瓦礫が片付けられた空き地のままである。時間があったので、駅の2階にある温泉に入った。体をあっためて屋上の展望台に上がり、青く輝く海を眺めた。高いところから見ると女川の復興の大変さがよく分かった。急に風が強くなってきて、湯上りの身体を容赦無く冷やしていった。しかし、空には太陽が輝いていた。この太陽があるかぎり、きっと女川の人は負けない、そう思った。

« オリンピック、どうにかなりませんか? | トップページ | 仙台市地下鉄東西線に乗って »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ダンボールギーニいかがでした?
私も見てみたいです。

ダンボール製ながらなかなかの完成度だと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリンピック、どうにかなりませんか? | トップページ | 仙台市地下鉄東西線に乗って »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ