2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« バレンタインデーに甘くない話 | トップページ | 失言は本音から生まれる »

福島の甲状腺がん、その疑い、165名に。

第22回県民健康調査検討委員会。甲状腺検査、本格調査の最新の結果は、51名が悪性ないし悪性疑い。前回は39名なので12名の増加。先行調査114名と合わせて165名が悪性ないし悪性疑い(うち1名が良性結節)

私はこの結果に驚いていません。全て想定内のことだと思っています。原発発生当時の福島の子どもたちの甲状腺がん。まさか、発生するわけないと思っている人はいないですよね。今後、甲状腺癌に加えて、白血病などの血液疾患や、全てのがんの発生、心筋梗塞や脳血管疾患などの推移に注目する必要があります。 もちろん、事故発生当時、子どもだった人だけでなく、大人だった人、事故後に生まれる人にも健康診断などに対策が必要だし、福島県だけでなく、東北南部から関東にかけての広範囲の人に対応が必要です。そして、東北南部と関東以外の人にもこの事故の行方をぜひ見守ってほしい。1986年のチェルノブイリの健康被害がまだ終わっていない。今回の原発事故も30年、40年かかっても健康被害も事故収束も終わらないかもしれない。その時、健康被害を受けた人を孤立させないためにも。

« バレンタインデーに甘くない話 | トップページ | 失言は本音から生まれる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

健康被害の影響が広がってきてしまっていますね。
しかに、メディアで取り上げられていないですね。

残念ながら日本のメディアには前科があります。太平洋戦争で日本は負け続けているのに、政府・軍部の言うままに、「勝った、勝った」と嘘の発表を垂れ流してきました。その体質は今も変わっていないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレンタインデーに甘くない話 | トップページ | 失言は本音から生まれる »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ