2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 自由でも民主的でもない自由民主党 | トップページ | 軽自動車販売戦線に異常あり ① »

仙台市地下鉄東西線に乗って ③薬師堂駅・連坊駅

 六丁の目駅から電車に乗り、3駅進んで連坊駅で降りる。地上に出ると目の前に見えるのは仙台一高、そしてその向こうには東北新幹線の高架橋が見える。かつて連坊駅周辺は道が狭く、バスが窮屈そうに走っていた。私が仙台に住んでいた1990年代半ばには盛んに道路工事が行われていたが、まさか地下鉄が通るとは思っていなかった。仙台といえばケヤキ並木と広い道路を連想する人が多いが、それは市街地中心部の話で、しかも戦争で焼け野原になったところの再開発である。その周辺は道路が狭く交通のネックになっていた。この地域もそんな場所であった。もっとも、少し裏通りに入れば勝枝の面影を残している。

 間もなく、陸奥国分寺が見えてくる。奈良時代に作られたが、一時期衰え、伊達政宗によって再興された寺である。広い境内を持ち、薬師堂は国の重要文化財に指定されている。派手さはないが実に堂々とした建物である。

Photo

 薬師堂を過ぎると、東北本線の貨物線の線路をくぐり、間もなく薬師堂駅が見えてくる。もちろん、陸奥国分寺薬師堂からとられたものである。小規模であるがバスターミナルが作られ、若林区各地を結ぶ交通の結節点になっている。

Photo_2


« 自由でも民主的でもない自由民主党 | トップページ | 軽自動車販売戦線に異常あり ① »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

歴史を感じる建物ですね。 
仙台にはこういった重要文化財があるんですね。

仙台は、奈良時代から平安時代にかけて東北地方の中心だった多賀城に近いこともあって史跡が多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由でも民主的でもない自由民主党 | トップページ | 軽自動車販売戦線に異常あり ① »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ