« 福島の甲状腺がん、その疑い、165名に。 | トップページ | 映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅in台湾」 »

失言は本音から生まれる

  自民党の丸山和也参院議員は17日の参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」と述べた。オバマ米大統領は、アフリカ系(黒人)初の大統領だが、ケニアから米国に留学した黒人の父と白人の母との間に生まれており、奴隷の子孫ではない。
 また、丸山氏は審査会で「アメリカの51番目の州になることについて(日本国)憲法上、問題があるのか、ないのか」とも参考人に質問した。「(米国の州になれば)集団的自衛権、安保条約はまったく問題にならない。拉致問題すら起こっていない」とも述べた。
 丸山氏は審査会後に記者会見し、「誤解を与える発言をして申し訳ありません」としたうえで、「議事録を精査したうえで、(問題部分の)削除及び修正をさせていただきたい」と述べた。(引用 朝日新聞)

 またもおかしな人が出てきましたね。この丸山なる人物がどのような歴史観、人間観でこの発言をしたのか明らかにしなければなりません。ただ、ひとつ確実なのは、失言は、間違いなくその人の本音だということ。本来、発言によって人権を損ねる、間違ったメッセージを送る発言にならないように気をつけるのが公的な立場にある人の務めだと思います。私は多くの人が納得できる説明がない限り議事録に残すべきだと思います。

« 福島の甲状腺がん、その疑い、165名に。 | トップページ | 映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅in台湾」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この方、議員になる前は弁護士としてテレビ番組などにも出ていましたね。
久しぶりに拝見しました。
最近、議員の失言が多いですね。

普通なら政治家の失言が相次いでいるのなら気をつけるはずなのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島の甲状腺がん、その疑い、165名に。 | トップページ | 映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅in台湾」 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ