« はやぶさ、北の空へ | トップページ | 嘘はいけません »

さらば、「はまなす」

 3月26日のJRグループのダイヤ改正で、毎日運転する急行列車が消滅する。その名は「はまなす」。青森から青函トンネルを超え、函館、東室蘭、苫小牧を経て札幌を結ぶ列車である。青森、札幌を夜に発車し、深夜の津軽海峡線、函館本線、室蘭本線などを経由し、早朝目的地に到着する。普通車自由席のほか、普通車指定席、寝台車を連結した夜行列車である。私はこの列車に1993年の夏に乗った。北海道旅行の帰りで、深夜の札幌を発車し、早朝青森駅に降り立った。もちろん普通車自由席、とはいえ、昔の夜行列車と違って、リクライニングシートで快適や夜を過ごした。

 思い出深い列車だが、しずかに最後の運転を見守りたい。ほんとうにありがとう、そして、夜行列車の旅のこと、ずっと忘れない。

« はやぶさ、北の空へ | トップページ | 嘘はいけません »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

何で消えてしまったんですか?

車両の老朽化と、青函トンネルを貨物列車、北海道新幹線と共用するため、列車本数の整理をするためだと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はやぶさ、北の空へ | トップページ | 嘘はいけません »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ