« 三菱自動車に明日はあるか? | トップページ | そのバスは、なぜ »

ラジオの楽しみ

 私はラジオを聴くのが好きだ。朝は5時50分にラジオが自動でかかるようになっており、これが私の目覚まし代わりになっている。朝は主にAMのNHK第一放送のニュース、情報番組を聴いている。夕方は帰宅の車内でふくしまFMの番組を聴くことが多い。休日家で過ごす時にもテレビではなくラジオを聴くことが多い。こうなった理由は、テレビ番組がつまらなくなったこともあるし、ラジオは何かをしながら聴くのに邪魔にならないことも理由である。

 20世紀から21世紀にかけてマスメディアは多様化した。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット。このうち、ラジオは古典的で過去の存在だと思う人もいるだろう。しかし、ラジオはいまだに強みがあると思う。たいていの場合、ラジオの受信機はあまり電気を食わない。東日本大震災の際の停電でテレビはただの箱になってしまったが、私は手回し充電のラジオで震災直後の状況を知ることができた。そして、放送局の設備も簡易なもので済むので、被災地に臨時放送局が簡単に作ることができたのも強みである。そういう意味では、日本のように災害の多い国ではラジオはまだまだ活躍の余地が大きいのかもしれない。そして、ラジオから流れる曲で、私は今の流行を知る、そんな意味でもラジオは私にとって欠かせないものである。

« 三菱自動車に明日はあるか? | トップページ | そのバスは、なぜ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

車を運転しながらその都道府県のラジオを聴くのはいいですよね。
旅行気分になれるし、その土地にいるって気分にもなるし。

ラジオの番組にも地域性があって面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三菱自動車に明日はあるか? | トップページ | そのバスは、なぜ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ