« 許せない事件 | トップページ | 御愁傷様です »

危ない水

東京電力福島第一原子力発電所の事故は、安倍晋三が「アンダーコントロール」と言った言葉に反し収束には程遠い状況である。現在も汚染水は海に放出されている状況である。ここで厄介なものの名前を上げておこう、それはトリチウムである。トリチウムとは、水素原子の一種で、放射性の水素原子である。放射性でも科学的な性質は水そのものであり、酸素と結合して水になる。元素で最も小さいのは水素であるが、トリチウムも水素であるから小さい。例えばセシウムやプルトニウムは重金属で大きな原子だからまだ除去することができるが、トリチウムについては現在の技術では取り除くことができなく、海にただもれ状態なのである。東京電力側の説明では、希釈して放出しているそうだが、希釈したところでトリチウムの濃度が下がるだけで、減るわけではないのだ。そして、東京電力福島第一原子力発電所からさほど遠くない福島県いわき市では海水浴場が開かれ、南相馬市ではサーフィンの大会が行われるそうだ。トリチウムが結合した危ない水があるその海で。恐ろしい話だ。

« 許せない事件 | トップページ | 御愁傷様です »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

海開きは考えたほうがいいと・・・

いわき市で海水浴は私はお勧めできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 許せない事件 | トップページ | 御愁傷様です »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ