« フィデル・カストロの言葉 | トップページ | スバル・レガシィアウトバック »

暴走列島、日本

 最近、クルマが暴走して店に突っ込んだ、病院に突っ込んだ、、歩道に乗り上げたという事故が頻発している。もっとも、こういうことは、報道されているかされていないかの問題で、実際には全国各地で起きているのだろうと思う。歩行者を巻き込んで死亡事故になったからクローズアップされているのだと思う。

 傾向としては、高齢者による事故が多い。高齢のドライバーは、長年の運転で経験は積んでいるのであるが、それ以上に体力や認知機能の衰えが事故の要因になっているのだろう。免許更新の際に、認知機能などのチェックを厳格化することになっているが、クルマという道具の危険性も考えればそれもやむを得ないことだと思う。ただ、クルマ側でも対策ができないのかと思うことがある。最近のクルマ、とくに、ハイブリッド車の中には、シフトレバーがどこに入っているのか直感的に分かりにくく、小さいため操作しずらい車種がある。代表的な車種としては、トヨタのSAIやプリウスなどがそうである。認知機能が正常範囲にある高齢者は今後もクルマには乗ってほしいと思うが、やはり、捜査系統や表示などは扱いやすく、わかりやすい者がいい。ペダルやレバーなどはある程度の大きさが必要だし、必要に応じては日本語の表示も必要である。ちなみに、先述のプリウスの場合、シフトレバーを「B」に入れると、エンジンブレーキをエンジンブレーキを強く聞かせることができるが、場合によっては『バック』と勘違いすることもあるかもしれない。他社のように「L」あるいは日本語での表示のほうがわかりやすいだろう。

 また、先日の福岡での事故は、一部報道では、アクセルペダルがフロアマットに引っかかったためとされているが、私はちょっと疑問を持っている。アクセルペダルがフロアマットに引っかかるって、いくらフロアマットを二枚重ねに引いていたからと言ってそう簡単には起こらないだろう。たとえばアクセルペダルと床の間には相当な隙間があるし、アクセルペダルを床につくまで踏む込めば事故車両(先代トヨタ・プリウス)は相当な急加速をする。現場は狭い道だから、そんなにアクセルペダルを踏むことは考えにくい。しかし、仮にアクセルペダルがフロアマットに非かかったとしても、アクセルペダルはばねの力で戻ろうとするはずで、事故を起こしたプリウスはどれほど重いフロアマットを使っていたのだろうということになる。この事故についても十分な捜査が求められる。

« フィデル・カストロの言葉 | トップページ | スバル・レガシィアウトバック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何だか、腑に落ちない、疑問が多いですね。

もしクルマに重大な問題があるのなら隠さずに早く公表した方がいいと思います。もちろん、フロアマットの重さ程度で暴走するクルマもまともではないですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィデル・カストロの言葉 | トップページ | スバル・レガシィアウトバック »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ